平成 King of 流行語

【 平成 King of 流行語 】 

平成時代を「流行語」に着目し 平成30年間を振り返ります。その答えとは?
平成 King of 流行語 | 30年間の流行語 集計結果の発表 (平成元年~30年)
             【 調査結果 概略 】
     
      *消費者経済総研による調査・集計 *上位20位までを発表
      *20位ランキングは、このページの下段に記載
      *出典は「「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞 - 自由国民社」
       における各年の金賞・大賞の中から、当総研が、独自に採点・集計し選定。
      *平成元年~2年は金賞、平成3年以降は大賞設定となったので、平成3年~30年は年間大賞
 
      < スポーツでの活躍から 平成の流行語となる >

第1キーワードでは、
 「スポーツ」が、4ポイント
 「IT業界」、「政治」が、それぞれ、3ポイント
 「インバウンド」、「規範」が、それぞれ、2ポイント

第2・第3キーワードまで含めると、
  「活躍(した)人」、「美人」、「奇跡
平成30年間 King of 流行語 上位20位
1位  セクシャルハラスメント 平成元年

2位  イチロー(効果)     平成 6年

3位  IT革命          平成12年

4位  忖度           平成29年

5位  お・も・て・な・し    平成25年

6位  想定内(外)       平成17年

7位  インスタ映え       平成29年

8位  アラフォー        平成20年

9位  今でしょ!        平成25年

10位   爆買い         平成27年

11位   Jリーグ        平成 5年

12位   なでしこジャパン    平成23年

13位   がんばろうKOBE     平成 7年

14位   失楽園(する)     平成 9年

15位   だっちゅーの      平成10年

16位   タマちゃん       平成14年

17位   そだねー        平成30年

18位   小泉劇場        平成17年

19位   オバタリアン      平成元年

20位   小泉語録*       平成13年


         *米百俵/聖域なき改革/恐れず怯まず捉われず/骨太の方針
          /ワイドショー内閣/改革の「痛み」

平成 King of 流行語 キーワード分類
------------------------------------
品 目 名 / 第1キーワード / 第2キーワード / 第キーワード
------------------------------------

■スポーツ(第1キーワード)

・イチロー(効果) / スポーツ / 活躍人 / 今でも

・Jリーグ / スポーツ/ PR / 今でも

・なでしこジャパン / スポーツ / 奇跡 / 今でも

・そだねー / スポーツ / 美人 /


■IT業界(第1キーワード)

・IT革命 / IT業界 / 進化 / 今でも

・想定内(外) / IT業界 / 活躍人 /

・インスタ映え / IT業界/ IT / 今でも


■政治(第1キーワード)

・忖度 / 政治/ 空気 / 今でも

・小泉劇場 /政治 / 活躍人 /

・小泉語録* / 政治 / 活躍人 /


■規範(第1キーワード)

・セクシャルハラスメント /規範 / 時代変化 / 今でも

・オバタリアン / 規範 / 女性 /


■インバウンド(第1キーワード)

・お・も・て・な・し / インバウンド / 美人 / 今でも

・爆買い / インバウンド / 経済貢献 / 今でも


■その他(第1キーワード)

・今でしょ! / 教育 / ドヤ顔 / 今でも

・アラフォー / 女性 / 高齢化 / 今でも

・だっちゅーの / ギャグ / 美人 /

・タマちゃん / 動物 / 奇跡 /

・がんばろうKOBE / 復興 / ツナガリ /

・失楽園(する) / 不倫 / エロス /
ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ引用掲載する場合は、
  ①出典明記 ②部分引用に限る ③当総研サイトページにリンクを貼る。 
  以上の①②③を同時に満たす場合は、連絡なく、一部転載・引用ができます。

*テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: info-s@s-souken.jp

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら