ベスト20発表|2020年の話題の新スポット・ランキング|首都圏編|2020年1月31日発表→6月20日更新

ベスト20発表 | 2020年の話題の新スポットのランキング | 首都圏編 |

令和2年の注目の商業空間とは?

消費者経済総研が、新規オープンの商業施設などに着目し、
2020年のヒット・トレンド空間を、予想します。

さらにキーワードも。
 

令和の「消費・商業・経済」を、わかりやすく解説する「消費者経済総研」は
2020/1/31に【令和2年の 注目スポット・ランキング】【ベスト20】を発表しました。

その後コロナ禍の影響で、オープン予定が変更になり、2020年6月20日に、更新しています。

それぞれの詳細は、このページの中段に、掲載しています。
------------------------------------------
個別取材をご要望の場合は、個別に、取材対応いたします。
メディア関係者、企業・法人対象ですので、一般個人の方はご遠慮いただいております。


出演の実績
ホンマでっか!?TV
(フジテレビ系列)
「2020年 大予想発表会」
(2020年1月15日放送)
ホンマでっか!?TV
(フジテレビ系列)
2020年 大予想発表会
(2020年1月15日放送)

消費者経済総研・松田優幸が、「消費経済の専門家」として
「ホンマでっか!?TV」に、出演し、 2020年の不動産市場を、予測しました。



J-WAVE
CHINTAI
COLORSOFWONDER
「2020年の最新事情・予測」
(2019年12月29日放送)
J-WAVE
CHINTAI
COLORSOFWONDER
「2020年の最新事情・予測」
(2019年12月29日放送)

消費者経済総研・松田優幸が「2020年の最新事情・予測」
J-WAVE「CHINTAI COLORS OF WONDER」で、生放送・生出演で、解説しました。

具体的な放送テーマは、
・2020年の注目ショップ とは ?
・2020年の注目の街・商業空間 とは ?
・2020年ヒット・トレンドの「アキ活」元年 とは ?

上の写真は、六本木ヒルズの「J-WAVE スタジオ」での、実際の放送の様子です。

右は、「松田優幸」
左は、番組ナビゲーターの「堀口ミイナ」さん:早稲田大学 政経学部 卒後、三菱商事入社。

現在は、ホリプロ所属のタレント。番組実績は「情報ライブ ミヤネ屋」「ワイドナショー」等
その他実績は「資生堂 マキアージュ」のCMや、『Ray』専属読者モデルなど


「消費者経済総研」の 注目スポット・ランキング とは?
消費者経済総研における「注目スポット・ランキング」は「規模順」ではありません。
「空間の特性」に着目し「今後の商業空間のあり方」を、うらなっています。

こうすることで、

 「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」
 「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」

これらのヒントにつなげていきます。また今後の空間開発等につなげたく思います。

*ランキングの方法は?
消費者経済総研の注目スポットのランキングは、数十件の新規オープンの
商業空間などを抽出し、それぞれに対して、100点満点で、点数付けを行っています。

点数が上位の20位までを発表しています。点数付けの基準は、上述の視点によります。
消費者経済総研のアナリスト達が、点数付けをしたものを集計しています。

*ヒットト・レンドの予測 その他のジャンルは?
「商業空間」以外に「商品・サービス・現象」の特設ページ も、あります。


2020年(令和2年)の空間のキーワードとは?

令和二年は「水」に注目


↑この写真↑は、転載・拡散して下さい。その他の本文の引用・転載の 注意・条件はこちら


2020年 注目スポット キーワード・ランキング

1位 「海辺」

2位 「川辺」

3位 「温泉」

4位 「開放」

5位 「展望」


「 総合ランキング ベスト20 」は、このページの下段に掲載しています。


キーワード解説

」とは?

2020年の注目スポット・ベスト20の中にある「キーワード」を、書きだしてみました。

すると「海辺」「川辺」「」が多く、「広場」 「公園」 「」や「開放」「展望」 が続きます。
2020年では「海辺」「川辺」「」と、【】系が多いのが、特徴です。

なお、「広場」「公園」「」は、以前から、長年にわたり、商業空間のキーワードでした。
また、例年ではあまり無い「温泉」「露天風呂」が目立つのも、2020年のトピックスです。

「温泉」「露天風呂」のお湯も、温かい「」であることも鑑みると「」関連が、とにかく多いです。


海辺」「川辺」とは?

下段記載の「ベスト20」のうち、

・稲毛海浜公園
・三井アウトレットパーク横浜ベイサイド
・ウォーターズ竹芝
・ガンダム ファクトリー ヨコハマ
・豊洲ベイサイドクロス
・東京ポートシティ竹芝

これらは、「海辺」に立地しています。
同時に、これらの施設では、環境演出において「海」を、上手に取り込み、表現しています。

また、
・羽田エアポートガーデン
・東京ミズマチ

この2つは「川辺」に立地しています。同様に「川」と融和し、上手に環境演出されてます。


(画像:稲毛海浜公園)


「温泉」「露天風呂」は?

下段記載の「ベスト20」のうち、

・グリーンスプリングス
・下北線路街
・有明ガーデン
・稲毛海浜公園
・羽田エアポートガーデン
・豊洲ベイサイドクロス

これらには、「温泉」「露天風呂」があります。(※温浴等も含む)
箱根のような山の中の温泉とは、違います。東京等に立地しています。(※稲毛のみ千葉)

2020年の東京の商業空間には、温泉や露天風呂が、多く登場です。


(画像:グリーンスプリングス)


百貨店、ハコ型の駅ビル、大箱ショッピングモール との違い

平成の時代に、都市部ではコンクリートに囲まれた「百貨店・駅ビル」が、多く誕生しました。
郊外のロードサイドでは、店舗数200店規模の大箱ショッピングモール」が誕生しました。

それらの多くが、「開放的」な構造ではなく、箱型の「閉鎖的」な空間でした。
閉鎖的であっても、効率よく買い物ができる、という「利便性」が、重視されていたのです。

しかし昨今では、効率的に買うなら、EC(ネット通販)の方が、便利だ、という人も多いです。
令和の時代のリアル空間である商業空間のあり方は、どうでしょうか?

平成は「便利だけど、閉鎖空間」でした。
一方、令和では、寒い・暑い日もあるけど「開放的な空間」へ、シフトしています。
また、周辺の素敵な景色を、取り込む「展望」の仕掛けも、多くみられます。


「開放的」な商業空間は?

下段記載の「ベスト20」のうち、

・グリーンスプリングス
・ウォーターズ竹芝
・JR横浜タワー
・WITH HARAJUKU
・東京ポートシティ竹芝

これらは、キーワードに「開放的」があります。


「展望」がキーワードにある商業空間は?

・グリーンスプリングス
・羽田エアポートガーデン
・JR横浜タワー
・豊洲ベイサイドクロス
・WITH HARAJUKU

これらは、キーワードに「展望」があります。

「開放」と「展望」で注目なのは、「JR横浜タワー」です。これは駅ビルです。
前述の通り、駅ビルは、閉鎖空間です。

JR横浜タワーは、駅ビルであるにもかかわらず「開放」「展望」を上手く取り込んでいます。


ECの成長時代の「商業空間」は?
EC(ネット通販)が、成長拡大を続けています。
ECは、「リアル空間である商業空間」のライバルです。

商業空間は、「素敵な環境」や「ワクワクする環境」や「ホッとする環境」などの
「環境」で、人々を引き寄せる必要が、あります。

環境が魅力的であれば「在宅で、EC」ではなく「リアル空間へお出かけ」の動機になります。

商業施設の業界も、変革期です。「空間や環境」が、より一層、重要になります。
未来を見据えた「リアル空間のあり方」を、ベスト20の施設からは、感じられます。

2019年・2020年は、商業空間の変革期で、当たり年
昨年(2019年)も、商業空間の「当たり年」で、多くの魅力空間が、誕生しました。

私(松田)は、1,020件以上の商業空間をリサーチしてました。※顧客からの受託調査+自主研究の合計数
多くの施設を経験してしまったことから、あまりワクワクしないケースも、多くなりました。

しかし、2019年誕生の施設の視察では、ワクワクすることが多かったです。
視察である事を忘れ、5~6時間も、滞在してしまうことも、ありました。

さて、2020年も、多くの魅力空間が、誕生しそうです。
特に、第1位の「グリーン スプリングス」は、スゴイ。行く前から、ワクワクしています。


2020年 総合ランキング・ベスト20】

ここから、首都圏の上位20位の各商業空間を掲載します。

第1位 「グリーン スプリングス」
(画像:グリーンスプリングス)

各店舗は、2020年4月10日から、順次オープン
 ソラノ・ホテルは、6月8日オープン(当初予定は5月12日)

場所:東京都 立川市 緑町  

キーワード:<露天/温泉/水/展望/開放/空/広場/公園/緑>



ここは、商業施設、ホール、ホテル、オフィス、中庭広場 からなる複合施設です。

昭和記念公園と富士山

「昭和記念公園」の隣りにあることも、特徴です。
コンセプトは「空と大地と人がつながる」です。昭和記念公園の他、富士山も、よく見えます。

緑と水と大空の広場

施設の中央には、10,000㎡の「広場」があります。盤で、彩られます。

その中庭広場を、約40店舗が、かこみます。
店舗棟は、低層なので、中央の広場では、広々した「」を、あおぐことが、できます。

屋上に露天の天然温泉で空に浮遊

ホテル屋上には「露天」の天然温泉プールがあります。富士山と昭和記念公園も眺められます。
「インフィニティ・プール」という、温水面と空が、一体となったデザインです。

の中に浮かんでいるようにお湯につかる浮遊感。そんな贅沢を、味わえます。
 ※インフィニティプールのイメージ をご覧下さい。

滝も流れる 未来型ホール

建物の内と外がつながる「未来型ホール」にも、注目です。

屋内ホールの後方の壁面を開くと、屋内席と屋外席が、つながります。
屋外でも、屋内のステージと一体となって楽しめて、同時に開放感も感じられます。

ホール棟の外壁には、斜面状の通路があります。その斜面通路には、滝のが流れています。

このように、様々なワクワクする空間の組合せが、とても素敵です。ここは、スゴイです。
空間の魅力性・独自性が評価され、1位です。

ネーミングとキーワード

「 GREEN SPRINGS 」のネーミングの意図とは?

 ・GREEN は「緑」:「」が豊かな立地の魅力を、ストレートに表現
 ・SPRINGS は「泉」:多摩川にも近く、「」に恵まれた土地柄と、当施設内の「水辺」を表現

この施設のキーワードは、露天/温泉/水/展望/開放/空/広場/公園/緑でした。

 ※グリーン スプリングス 公式サイト


第2位 「下北 線路街」


(画像:小田急電鉄)

2020年内に順次オープン 

場所:東京都 世田谷区 北沢

キーワード:<人/露天/温泉/旅館/ツナガリ/コミュニティー/斬新/商店
  /住まい/街/広場/市場>



小田急線の「東北沢 駅」〜「世田谷代田 駅」の間の、駅と線路が、地下に潜りました。
その線路の跡地に生まれる、全長1.7kmの新しい「」です。

個性的なアイテムが続々と誕生します。地域の人々が参加したくなる仕掛けも、あります。

「露天温泉の旅館」が突如登場

なかでも注目なのは、都市に突如現れる「温泉旅館」です。(2020年9月オープン
露天風呂のお湯は、箱根から運ばれてくる温泉です。

旅館の客室数は35室です。客室以外は、宿泊客以外も利用できます。
「茶寮」があり、湯上り後に、くつろぐのも良いですね。またBARやレストラン等も、あります。

住まいと商いの「長屋」がある

新たなチャレンジや個人の商いを、応援する「長屋」もあります。(2020年4月オープン)

住まい併設の店舗」による、ヒューマンスケールな14区画の小さな「商店街」です。
ここは、“店主の顔”が見える空間です。個人の商い・若者の挑戦が、盛り上がる空間です。

広場もあり、マルシェなどのイベントも、行われます。長屋の名称は「BONUS TRACK」です。

東京農大の「アンテナ・ショップ」もある (2019年4月オープン)
 ※名称は「世田谷代田キャンパス」

東京農業大学のアンテナ・ショップが、登場しました。「食と農」に関する商品を販売します。
東京農大のオリジナルグッズや、東京農大の卒業生が醸造した日本酒などが、あります。

さらに、新業態のカフェレストラン、市民講座を行う東京農大のオープン・カレッジもあります。

シモキタ劇場のカフェも登場 (2020年12月オープン)

シモキタといえば「演劇」も、有名ですね。

ライブや演劇などができる、設備付きの「エンタメ・カフェレストラン」も、登場です。
一般の方でも、レンタルスペースとして、貸し切り利用が、可能です

その他、新たな出会いと学びを提供する「学生寮」や、洗練された個店が集まる「商業施設」
地域とつながる「保育園」など、個性が強い様々な施設が、誕生します。

地域の人が ツナガル 新たな街

この街に住んで、よかった! ここは、そう思える「集い場」である新しい街です。
人々が気軽に集える地域のコミュニティーで、人と人のツナガリが、生まれます。

ここには、規模や派手さは、ありませんが、商店・住まい・街 の新たなあり方を、示しています。
「要注目」「斬新なコンセプト」の要素が、多いという見地から、2位となりました。

 ※下北線路街 公式サイト


第3位 「有明ガーデン」

(画像:住友不動産)

2020年6月17日オープン※詳細は下段 (当初予定は4月)

場所:江東区 有明

キーワード:<露天/広場/テラス/ホール/大規模/街



「有明ガーデン」は、約200店舗の大規模な商業施設です。
周辺には、749室のハイグレードホテルや、8,000人収容の劇場型ホールも、誕生します。

広場やテラス

広大な「芝生広場」を含む6,800㎡「グリーンパーク」があり、ピクニックもできます。
そこでは、大型イベントの実施も、予定されています。

商業棟には、表情の異なる4箇所の「テラス」が、あります。
休憩スペースや憩いの空間としての他、光・音・水の噴水ショーやポップジェットもあります。

露天風呂

深夜早朝も利用できる「露天風呂」※もあります。「泉天空の湯」という大型の温浴施設です。
5種の内湯や2種の露天風呂等、全部で、9種のスタイルがあります。

 ※露店風呂とは、一部の天井面に、解放部分があるので、露天風呂としています。

大きな街が生まれる

また1539戸の「住宅」や「有明四季劇場」なども、翌年には、入居開始・開業です。
こうして「大きな街」が誕生となります。この規模から、ベスト3入り、となりました。

変更後の開業スケジュールの詳細(2020 年)

*商業施設:住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン:6 月17 日開業

*温浴施設:泉天空の湯 有明ガーデン:6 月17 日開業
 
*シアター:住友不動産 東京ガーデンシアター:6 月17 日開業 ※6/1 よりプレオープン

*ホテル:住友不動産 ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明:8 月1 日開業予定

*広場・公園:有明ガーデンパーク、スポーツエンターテイメント広場:8 月1 日開業予定

*劇場:有明四季劇場:2021 年開業予定

 ※公式サイト


第4位 「ところざわ サクラタウン」

オープン予定:2020年7月下旬にプレオープン、11月にグランドオープン 
 (当初は7月17オープン予定)

場所:埼玉県 所沢市 東所沢

キーワード:<広場/クールジャパン/あらゆる文化>


博物館・美術館・図書館・アニメミュージアム・イベント・ホテル・レストラン・書店
さらに、オフィス・神社と、あらゆる文化を、一つにした「クールジャパンの拠点」です。

「EJアニメホテル」もあり、好きな作品と共に過ごせる空間で、他では味わえない体験です。
ここではアニメ、ゲーム、映画、特撮、アイドル等の世界観が様々な形で演出されています。

ショップ&レストランや、新・体験型書店の「ダ・ヴィンチストア」もあります。
「ジャパン パビリオン ホール」は、eスポーツ、2.5次元ミュージカル等のイベントに対応です。

また、それ以外にも、開放的な2つの野外広場などの大型のオープンスペースが、あります。

「千人テラス」は、東川の桜並木に向かって広がる、収容人数1,000人超のスペースです。
パブリックビューイングや、各種発表会で、活用されます。

「中央広場」では、食フェス、スポーツ大会、お祭りなど、様々な催しが行われます。

本施設の魅力は、完成してみないと、つかみきれないという点から、当初はランキング外でした。

本施設は、出版事業などの (株) KADOKAWA によるプロジェクトです。
どんな空間かになるか? 期待してみたい! という視点で最終的にはランクインとなりました。

変更後の開業スケジュールの詳細(2020 年)

*ところざわサクラタウン・角川武蔵野ミュージアム:7月下旬 プレオープン
 (一部施設・店舗毎に、随時開業)

*ところざわサクラタウン: 11月グランドオープン
 (同時期に、角川武蔵野ミュージアムも、全館オープン)

 ※公式サイト


第5位 「江戸前 場下町」

(画像:三井不動産)

2020年1月24日にオープン

場所:東京都 江東区 豊洲

キーワード:<市場/広場/和/食/観光>



「千客万来施設」が開業するまで、賑わい創出が目的の暫定事業として、ここに誕生しました。
豊洲市場」を訪れる国内外の観光客等が、豊洲市場の食材に身近に接することができます。

や文化を、体験できる店舗が、揃います。
豊洲市場の食材を活かした寿司や海鮮丼などの飲食店、土産などの物販店で、計21店です。

 ・食体験が楽しめる「豊洲場下町(フードホール棟)」

 ・市場の新鮮な食材や日本の粋を感じられる「お土産」が集まる「市場小路(マルシェ棟)」

 ・屋外マルシェやイベントなど、集い憩うことができる「江戸前広場(多目的広場)」

この3つのゾーンで、構成されます。

 ※公式サイト


第6位 「ミヤシタ パーク」で、渋谷再開発の前半完成

(画像:三井不動産)

オープン予定:延期で未定(当初は2020年6月18予定)

場所:渋谷区 神宮前 他

キーワード:<公園/渋谷/100年に一度/再開発>



「宮下公園」が、新しく生まれ変わり「ミヤシタパーク」になります。
新型公園+商業施設+ホテルで、構成されます。

100年に一度の渋谷再開発の前半部分が、ひとたび、これで、出そろいます。

昨年末のパルコ、スクランブルスクエア、東急プラザと合わせて、
やはり、2020年も、渋谷には注目です。

大規模な渋谷再開発の前半部完成という見地では、1位かもしれません。
しかし、渋谷には既にオープン済みの他の施設も多いので、6位となりました。

 ※公式サイト


第7位 「南町田グランベリーパーク」



2019年11月オープン

場所:東京都町田市 鶴間

キーワード:<魅力空間/木/緑/公園/安らぎ/かわいさ>



昨年11月にオープン済みですが、2020年も、注目ランキング入りとなりました。
商業施設や、スヌーピーミュージアム、公園と連動した、魅力的な郊外空間です。

直線の組合せ による アール形状

ここは、単なる四角い大箱の商業施設では、ありません。
施設全体では、アール(曲線)は無いですが、直線の組合せで、アールを演出しています。
見事な環境演出と、なっています。

光の空間、統一と個性

夕方~夜には、施設全体が、素敵な光の空間になります。
大階段・エスカレーターも、光り輝いて、とても綺麗です。

また、デザインは、適度な統一感と、適度な個性の演出が、なされていて、これも見事です。

安らぎ、かわいさ

このように、南町田グランベリーパークは、スタイリッシュですが、それだけではありません。
安らぎ」もあるのです。

」や「」を、専用部・共用部に、多用しています。
トイレまで、木と緑の演出がなされていて、まさに「素敵」の一言です。

町田市の「鶴間公園」とも連動していて、公園に近付くと、SCも融和する構成になってます。
買い物の前後に、公園で「安らぐ」こともできるのです。

さらに「スヌーピー」が、あちこちに降臨していて「かわいさ」の演出までもが、なされてます。

知名度は高くないのですが、ぜひ、知って欲しい・行ってほしい空間で、ベスト10入りです。

 ※公式サイト


第8位 「稲毛海浜公園」

(画像:千葉市)

時期:2019年秋工事完了

場所:千葉市美浜区高浜

キーワード:<白い砂浜/海辺/リゾート/公園/温浴>



白い砂浜

幕張駅や千葉駅の近所の東京湾に、ハワイよりも白い砂浜の、リゾートビーチが登場です。
稲毛海浜公園」が「INAGE SUNSET BEACH PARK」として生まれ変わります。

「いなげの浜」は、もともと、千葉市内で唯一の「海水浴場」でした。
白砂が、西オーストラリアから、運ばれてきて、白い砂浜に、生まれ変わったのです。

様々なアイテムが揃う リゾートタウン

バーベキュー場、ヨットハーバー、サッカー・テニス・野球場等もある、リゾートタウンです。

白い砂浜に加え、海へ延びるウッドデッキ、グランピング施設、宿泊施設、温浴施設も登場です。
さらに、大人も楽しめるリゾートプールまで登場と、2020年の要注目のスポットです。

 ※公式サイト


第9位 「羽田エアポートガーデン」

(画像:住友不動産)

オープン予定:2020年夏頃 (当初は4月21日)

場所:大田区 羽田空港

キーワード:<露天/展望/温泉/川辺/テラス>



1717室の大規模ホテルや、露天風呂、ホール、商業施設からなる複合施設です。
商業ゾーンは、計約80店舗です。

露天風呂」は、天然温泉で、ホテル最上階に位置する「展望」の露天風呂です。

温泉に入りながら、羽田空港を行き来する「飛行機」や、湾岸エリアの「夜景」を、展望できます。
晴れの日中には、富士山も、展望できます。

本施設は、多摩川の「川辺」に、立地しています。 多摩川の川辺の整備計画も、進行中であり、
ウッドデッキ遊歩道や、展望テラスの新設予定があり、川辺に、潤い・賑わいが、生まれます。

羽田に、訪問・滞在・宿泊を、するのが、楽しみに変わるかも? ですね。

 ※公式サイト


第10位 「応援村 OUEN-MURA」

(画像: 全国応援村実行委員会)

オープン予定:2020年は活動停止(当初は2020年夏の五輪にあわせてオープン予定)

場所:各所

キーワード:<広場/公園/応援/つながり/五輪>



公園・広場等の屋外の開放的な場所で、パブリックビューイングで、みんなで五輪を応援です。
見知らぬ隣の人とも、つながり・盛り上がり、友達になるかもしれません。

グルメ屋台もあって、お祭り・フェス気分も、味わえます。
東京以外にも、全国各地に2000か所登場します。観戦チケットに外れた人は、楽しみですね。

 ※公式サイト


第11位 「東京ミズマチ」

オープン予定:2020年6月18日オープン(当初は春にオープン予定)

場所:東京都 墨田区 押上

キーワード:<川辺/公園/緑>



西の「浅草」と、東の「スカイツリー」の間をつなぐ、東西に伸びる路面型の複合施設です。
南北では、南の「北十間川」(隅田川の支流)と、北の「住田公園」に囲まれます。

このように「」と「」にかこまれた立地で、憩いある「川辺」の空間となっています。
12の店舗とホステルが、出店します。

「海辺」の施設が多い中、希少な「川辺」の空間に期待を込めて、ランクインとなりました。

 ※公式サイト


12位 「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」

オープン予定:2020年6月4日(当初は4月10日)

場所:神奈川県 横浜市

キーワード:<ヨット/海辺/広場/体験>


旧施設は1998~2018年の間、営業していましたが、同じ場所に、全面建て替えで誕生です。
店舗数は、約80店舗から、約170店舗へと、大幅に増加します。

海外ブランド、セレクト、ライフスタイル、スポーツ、アウトドア等の定番ショップがあります。
さらに、ヨガや、料理教室などのワークショップや、アクティビティ等の体験店舗もあります。

ヨット等が泊まる「マリーナ」がある立地も、魅力ですね。
海沿いのレストラン・カフェでは、海辺(水)に親しみながら、時間を過ごせます。

また、セントラルコート、ハーバーゲート前広場、くじらのミスト広場など「広場」も充実です。

こうして、買い物以外に、体験を通じた時間消費でも、楽しめる空間に、なっています。

 ※公式サイト


13位 「ウォーターズ竹芝」

オープン予定:2020年6月17日(当初予定は4 月から順次段階開業)

場所:東京都港区 海岸

キーワード:<水/広場/緑/海辺/公園/テラス/開放>

商業ゾーンには「アトレ竹芝」が、登場します。
その他、四季劇場[春]・[秋]・自由劇場の3つの劇場、ホテル、オフィスの複合施設です。

「芝生広場」と「テラス」もあり、そこでは、豊かな「浜離宮」と「海辺」を望めます。
海辺を大切にする本施設では、さらに「船着場」と「干潟」をも作り、に親しめる空間です。

 ※公式サイト


14位 東京ディズニーランド
 「美女と野獣」の 「ニューファンタジーランド」等

オープン予定:延期で未定(当初は2020年4月15日)

場所:千葉県 浦安市 舞浜 

キーワード:成長継続/値上げ/追加投資/入場者増



東京ディズニーランド(TDL)の歴史で、最大の大規模開発で広がります。
2017年4月の着工から約3年もかけて、投資額は、約750億円もの規模です。

今回の「ニューファンタジーランド」は「ファンタジーランド」が、拡張され、誕生しました。
その中に、大型アトラクションの「美女と野獣 “ 魔法のものがたり ” 」が、登場します。

映画「美女と野獣」の世界が広がり、まるで映画の中に入ったような感覚に、なるでしょう。

さらに、屋内シアターの「ファンタジーランド・フォレストシアター」等もオープンします。

さらに、さらにと、「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にも、新施設がオープンです。
「ベイマックスのハッピーライド」「ミニーのスタイルスタジオ」が、オープンするのです。

コンテンツでは、もちろん魅力的なTDLです。
しかし、本稿で注目したいのは、TDLの成長性です。

莫大な追加投資や、デフレ時代でも値上げを継続し、入場者も増加継続という「成長性」には
やはり、驚愕してしまいますね。

 ※公式サイト


15位 「ガンダム ファクトリー ヨコハマ」

オープン:2020/10/1~2021/10/3

キーワード:<クールジャパン/海辺>

場所:神奈川県 横浜市 中区 山下町



実物大(18m)のガンダムが、動きます。

展示施設の他、ショップ、カフェ、コミュニケーションスペース等がある複合施設です。
トークショー、講演会、研究発表、ワークショップなども、予定されています。

会場限定のオリジナル・ガンプラ他、様々なオリジナル商品を、販売するショップもあります。
カフェでは、ガンダム関連のオリジナルメニューや、横浜のご当地グルメも、楽しめます。

みなとまち・横浜の「山下ふ頭」に、誕生します。
ガンダムと海辺は、直接は関係ありませんが、ここでも「海辺」ですね。

 ※公式サイト


16位 「JR横浜タワー + JR横浜鶴屋町ビル」

オープン予定:NEWoMan横浜は、2020年6月24日。CIAL横浜は、6月18日
 CIAL横浜ANNEXは、6月27日。T・ジョイ横浜は、6月24日
  (当初予定は5月から順次)

場所:JR横浜駅 西口

キーワード:<屋上/広場/開放/展望/緑/海> 

「JR横浜タワー」には
 商業施設の「NEWoMan横浜」「CIAL横浜」「T・ジョイ横浜」が登場します。

「JR横浜鶴屋町ビル」には
 商業施設の「CIAL横浜 ANNEX」や「JR東日本ホテルメッツ 横浜」が登場します。

JR横浜タワーと、JR横浜鶴屋町ビルは、デッキで、つながります。

「JR横浜タワー」の12 階には、屋上広場「うみそらデッキ」ができます。
横浜港のや、横浜ベイブリッジが、展望できる屋上広場です。

ベンチ、テーブル、カウンターなどがあり、幅広い世代が憩えます。
また、桜や紅葉などの、木々やも、植えられます。

広場のアイコンとして「YOKOHAMA」の文字を、かたどった「オブジェ」を設置し、
「横浜駅の新たなシンボル」となる場所と、位置付けられています。

本施設は「駅ビル」なので「利便性」や「集積性」がキーワードです。
また、通常、駅ビルは、閉鎖空間で、開放感は、ありません。

しかし、本施設は、開放的で展望空間の屋上広場「うみそらデッキ」があります。
また、屋内空間においても、4層吹き抜けの「アトリウム」で開放感を演出しています。

駅ビルでありながらも、広場/開放/展望/海 のキーワードが、ここには、あります。

 ※NEWoMan横浜の公式サイト ※CIAL横浜の公式サイト


17位 「豊洲ベイサイドクロス」

オープン予定:ららぽーと豊洲3は、2020年6月1日。
        三井ガーデンホテル豊洲は、同年8月10日
          (当初予定は4月24日)

場所:東京都 江東区 豊洲

キーワード:<海辺/水/展望/公園/緑>



商業施設の他、ホテル、オフィスからなる、豊洲エリア最大の再開発プロジェクトです。

「豊洲ベイサイドクロス」のB1F~4Fには、36の店舗が出店します。
それは「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」の分館となります。

33~36Fは「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」で、2020年6月25日にオープンです。

このホテルのデザイン・コンセプトは「Tokyo Floating Journey」です。
ホテル全体のインテリアも、航海になぞらえ「水辺水面」等を、モチーフにしたデザインです。

宿泊客専用ではありますが、大浴場では、海側に面した「外湯」が、あります。
外湯では、東京の夜景が、展望できます。

西側には「豊洲公園」があり、そこでは、「海辺」を望むことができます。
本施設でも「海辺」と「公園の緑」が、ありますね。

海辺を感じる豊洲という立地を、活かすべく「豊洲パークブリッジ」を、建設しました。
本施設と豊洲公園をつなぐブリッジです。これで、公園・海に、簡単にアクセスできます。

豊洲公園から連続した「ピンポンフォレスト」「クロスプラザ」という、共用空間もあります。

ここは、緑豊かな空間で、さまざまな人が、一息ついたり、「卓球でリフレッシュ」できます。
卓球をみんなで楽しむ空間なんて、ユニークですね。

  ※ららぽーと豊洲の公式サイト ※三井ガーデンホテル豊洲の公式サイト


18位 「WITH HARAJUKU」

2020年6月5日~25日に、順次段階オープン(当初予定は4月)

場所:東京都 渋谷区 神宮前

キーワード:<展望/回遊/開放/風/道/広場/緑>



全14店舗のショップ&レストランが、登場します。

その他に「 LIFORK 原宿 」(シェアスペース・会員制コワーキングスペース)と
「WITH HARAJUKU RESIDENCE」(ウィズ原宿レジデンス:賃貸住宅)の複合施設です。

原宿駅前と竹下通りをつなぐ「WITH HARAJUKU STREET」という小路が、あります。
そこを中心に「の建築」がなされ、街全体の賑わいと回遊性を、高めています。

また、石や天然木といった、自然の素材を多用した空間デザインと、なっています。
明治神宮の森から吹き抜ける、心地よいを感じながら、そぞろ歩きを、楽しめます。

この立地は、小高い丘状で、かつては「源氏山」と、呼ばれていました。
そこで、テラスや屋上を、多彩な植栽で緑化し、「源氏山」の再現を、図っています。

これにより、この界隈での、新たなランドスケープ・シンボルを、創出しているのです。

商業ゾーンには「IKEA原宿」が、日本初の都市型店舗として、登場します。
8Fには、公園を展望するレストラン「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」も、登場です。

また「WITH HARAJUKU STREET」では、魅力的な路面店の空間が、構成されます。
旗艦店などの個性あるレストランやカフェ、ショップが並びます。

2階から3階には、屋外の開放的広場空間「WITH HARAJUKU PARK」があります。
ここでは、まざまなイベントの開催が、予定されています。

 ※公式サイト


19位 「東京ポートシティ竹芝」

2020年中のオープン

場所:東京都 港区 海岸

キーワード:<開放/海辺/公園/テラス/緑/水>



40階建てのオフィスタワーの1~3階が、商業ゾーンで、約20店舗が、出店予定です。

2~6 階部分では「開放」的な空間の「スキップテラス」(約 6600 ㎡)と連動しています。
「スキップテラス」とは、段々畑のような開放テラス空間で、緑に囲まれた憩いの空間です。

」を感じられ、飲食店を中心とした、賑わい空間となっています。

西には「旧 芝離宮」の「」があり、東には「竹芝ふ頭公園」と「海辺」があります。
こうして、「水・緑」を感じる立地となっています。

 ※公式サイトは、なし


20位「SMALL WORLDS TOKYO」
2020年6月11日オープン(当初予定は4月25日)

場所:東京都 江東区 有明

キーワード:<クールジャパン/テーマパーク>



関西国際空港、スペースセンター、エヴァンゲリオン、美少女戦士セーラームーン等の
各世界観を、7つのエリアで表現した、世界最大の屋内型のミニチュア・テーマパークです。

自分自身を、3Dスキャンした、ミニチュアのフィギュアを、作れます。
それを、各エリアに置きっぱなしにして「ミニチュアの世界の住人」として、住む事ができます。

 ※公式サイト



2020年 首都圏のトレンド・スポットの「キーワード」とは?
ベスト20の中にある「キーワード」を書きだしてみると、

「海辺」「川辺」「水」が多く、そして「広場」 「公園」 「緑」や、「展望」 「開放」が続きます。
2020年では「海辺」「川辺」「水」と、【水】系が多いのが、特徴です。

なお、「広場」「公園」「緑」は、以前から、長年にわたり、商業空間のキーワードでした。
また、例年ではあまり無い「温泉」「露天風呂」が目立つのも、2020年のトピックスです。

リアルの商業空間のライバルである「EC」が、拡大成長を続けています。

リアル空間の商業施設は、「素敵な環境」「ワクワクする環境」「ホッとする環境」などの
「環境」で、人々を引き寄せる必要があります。

環境が魅力的であれば、「在宅でEC」ではなく「お出かけ」の動機づけになりますね。

商業施設の業界も、変革期です。「空間や環境」が、より一層重要になります。
未来を見据えた「リアル空間のあり方」を、これらの施設から、感じられます。



その他のヒット・トレンドは?
◆令和の1年間 編
・2020年(令和2年)の経済予測 (発表済み)
・2020年(令和2年)のトレンド・ランキング (発表済み)
・2019年(令和元年)のトレンド・ランキング (発表済み)

 この3つの発表済み 1年間編は、サイト・ナビゲーションから、ご覧下さい。

◆時代ごとの長期 編
・令和時代の 長期トレンド・ランキング (発表済み)
・平成時代の 長期トレンド・ランキング (発表済み)
・昭和時代の 長期トレンド・ランキング (発表済み)

 この3つの発表済み長期編は、下記↓の下段の枠をご覧下さい。

出演実績(2020年 予測 編)
ホンマでっか!?TV(フジテレビ系列)
2020年 大予想発表会
(2020年1月15日放送)
消費者経済総研・松田優幸が、「消費経済の評論家」として
「ホンマでっか!?TV」に、出演しし、 2020年の不動産市場を、予測しました。
J-WAVE
CHINTAI
COLORSOFWONDER
「2020年の最新事情・予測」
(2019年12月29日放送)
消費者経済総研・松田優幸が「2020年の最新事情・予測」を
J-WAVE「CHINTAI COLORS OF WONDER」で、解説しました。
2020年(令和2年)のヒット・トレンド予測 ベスト30とは?

2020年の商品・サービス・現象に関するヒット・トレンド予測について
2019年12月25日に発表しました。 特設ページ

2020年の経済・景気の見通し・予測
令和2年の経済・景気の見通し・予測を、2020年1月5日に発表しました。 特設ページ

2019年(令和元年)のヒット・トレンドの ベスト30とは?

2019年の商品・サービス・現象に関するヒット・トレンドベスト30について
2019年12月25日に発表しました。 特設ページ

令和時代の長期トレンド予測 記者発表会で、発表

「消費者経済総研」は、2019年4月30日の記者発表会
【令和 長期 トレンド予想】【長期 ベスト・ランキング】を発表しました。 特設ページ

■松田優幸 プロフィール
松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴
松田優幸が登壇のセミナーの様子
↑満員・立ち見になりました↑
【松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴】

*1986年
私立 武蔵高校 卒業

*1987年
慶応大学 経済学部 入学
経済学部で、
・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻
 経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究

*1991年
慶応大学 卒業  東急不動産(株) 入社

*1997年
親会社の東急電鉄(株)へ逆出向
消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当

*2000年
東急不動産(株) 復職
各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。

*2005年
東急不動産株式会社から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう
株式会社 リテール エステートへ移籍し14年間、

全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

*現 在
消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)

*資 格
 ・ファイナンシャル・プランナー
 ・宅地建物取引士資格者
 ・不動産コンサルティング技能登録者(新制度更新前まで)
 ・簿記3級

■松田優幸の実績(番組出演・執筆)
実績ページ」をご覧下さい。
ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ引用掲載する場合は、
  ①出典明記 ②部分引用に限る ③当総研サイトページにリンクを貼る。 
  以上の①②③を同時に満たす場合は、連絡なく、一部転載・引用ができます。

*テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: toiawase★s-souken.jp(★をアットマークに変えて下さい)

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら