なぜ値上げラッシュ?2021/10月~2022値上げ食品一覧・原因理由|消費者経済総研|2021年11月28日

なぜ値上げラッシュが続くのか?
その理由と値上げ食品の一覧を時系列で解説

2021年10月~2022年のコーヒー、パン、
パスタ、牛丼、スイーツ・和菓子、ポテトチップス
ハンバーグ、冷凍食品、メンマ、食用油が値上げ

値上がり原因は、円安・コロナ禍の供給制約
人手不足・コンテナ不足・原油高で、
物流費・人件費・資材費・原材料費・燃料費の高騰

中国の旺盛な需要をはじめコロナおちついた
国の需要回復も。さらに鳥インフルエンザも。

-消費と経済をわかりやすく解説する-
  -「消費者 経済 総研」-


番組出演・執筆・講演等のご依頼は
 お電話・メールにてご連絡下さい

最新稿:2021年11月28日
 本ページは、修正・加筆等で、
 上書き更新されていく場合があります。

ご注意
「○○の可能性が考えられる。」というフレーズが続くと、
読みづらくなるので「○○になる。」と簡略化もしています。
断定ではなく可能性の示唆であることを念頭に置いて下さい。

本ページ内容に関しては、自らの責任において対応して下さい。
また「免責事項」をお読みください

引用
皆さまに、本ページの引用や、
リンク設定などで、広めて頂くことを、歓迎いたします。

引用・転載の注意・条件 をご覧下さい。

今回は「生活経済」
消費者経済総研が、最近投稿した内容は、
「マクロ経済テーマ」が、続いていました。

経済政策、年金問題、負債問題、GDP、短観等です。

今回は、身近な「生活経済」のテーマを解説します。
私たちの暮らしは、どうなってしまうのか?

今回は「生活経済」のテーマなので、
「わかりやすさに」にこだわり、丁寧に解説します。

筆者(松田)は、TV局や新聞社から、
経済テーマの取材を、受けています。

経済担当ではない記者の方は、苦労されています。

社会・情報バラエティーと全般の記者さんだから、
経済テーマでは、苦労されて、いらっしゃいます。

そこで「わかりやすい解説」を、していきます。

今までも「日本で2番目に、わかりやすい解説」を
モットーに、してきました。

今回は「生活経済・私たちの暮らし」テーマなので、
より一層、わかりやすく解説していきます。

例えば、「円安」とは?も、
基本に立ち返り、丁寧に説明します。




2021年度は、値上げラッシュ?
2021年度は、値上げラッシュの年度?
値上げが続き、私たちの暮らしを直撃しています。

値上げによる「物価上昇」よりも
「給料上昇」の方が上、なら良いですね。

しかし、日本の給料水準は、低迷状態です。
「給料がUPせず、物価だけUP」だと大変です。

そこで今回号は「生活経済編」として、
私たちの暮らしを直撃する値上げを、解説します。

・「何が値上がり」したのか?

・今後の「値上げ予定」とは?

・値上げは「いつまで続く」のか?

そして、

・値上げ幅は? ステルス値上げは?

・値上がりの「理由」とは?

以上を、解説します。




2021年度の「上期」は?
-- 消費者 経済 総研 --

◆既に、値上げが、続いている?

2021年度は、既に上期(4月~)にも、
値上げが、続いていました。

▼外食では、
  モスバーガー、丸亀製麺、一風堂 など

▼食材・食品は、
  小麦、食用油、サンマ缶詰 など

これらが、今年度の4月に、値上げされました。

上記は、消費者経済総研が、
新年度の値上げ特集」で、取り上げた内容です。

-- 消費者 経済 総研 --

◆値上げの原因 とは? 「上期編」

需要が増えると、値段は上がります。
供給が減ると、値段は上がります。

値段は「需要と供給のバランス」で、決まります。
昨年より今年の方が、コロナは沈静傾向です。

そこで「需要が回復」しています。
一方で、まだ「供給は不足」しています。

なぜ「供給不足・モノ不足」なのでしょうか?

コロナ禍で、各国で出勤制限が、あります。
よって、工場の稼働率が、低いのです。

工場での生産量(供給量)が、少ないのです。
原材料は、品薄なので、値上がりしました。

コストUPを、企業は値上げで、対応します。
これを「コスト プッシュ インフレ」と言います。

上期の具体的な原因を、下記に整理しました。
様々な費用UPや、旺盛な需要があります。

▼コスト要因

・人件費の上昇
・食材の価格の上昇

・包材費の負担増加(テイクアウト増)
・物流費の上昇

▼天候等の要因

・米国:寒波による生育不良の懸念
・南米:天候不順(ラニーニャ現象)での減産懸念

・欧州:雨による作付面積の減少
・日本:サンマの不漁(資源量減少・海水温上昇等)

▼需要要因

・中国やインド等の旺盛な需要




2021年度の下期は?
-- 消費者 経済 総研 --

◆下期は、どうなる?

前項は「上期の値上げ」でした。

上期の値上げの詳細な解説は、
本ページの下段に、記載しています。

先に上期詳細を見る場合は、下記リンクをどうぞ。
上期の値上げ 詳細編

さて、下期(10月~来年3月)は、どうでしょうか?
上期に続き、下期も値上げが、続きます。

下期はさらに、悪材料が加わりました。
それは、「円安の急伸」「原油高」です。

原油から作られるプラ製品の食品容器も値段UPし
運搬燃料・工場燃料の重油、軽油も上昇しています。

-- 消費者 経済 総研 --

◆上期は、円安は軽微?

企業の値上げ決定の時期は、いつ頃でしょう?
値上げの実行日より、だいぶ前の時期になります。

既述の4月の値上げを、決めた1~2月頃は、
円安の影響は、まだ軽微でした。

下期は、値上げ要因に、円安が加わります。
一層、私たちの暮らしを、圧迫します。

-- 消費者 経済 総研 --

◆「 円安 → 物価上昇 」の理由とは?

・円安→物価上昇 の理由 とは?
・円安発生の仕組み とは?
これらは、マクロ経済の解説になります。

今回は「生活経済」のテーマなので、
円安の解説は、飛ばします。

「でも円安の解説も知りたい」という方のために、
本ページの下段に、円安解説を掲載してあります。

   「円安の解説」へ移動




2021年度下期
-- 消費者 経済 総研 --

◆下期に、値上げしたもの・値上げするもの

▼10月

・スイーツ・和菓子
・コーヒー
・輸入小麦

▼11月

・冷凍食品
・味付メンマ
・食用油

▼12月

・小麦粉(業務用)

-- 消費者 経済 総研 --

◆値上げは、いつまで続く?来年は?

▼2022年 1月

・食パン・菓子パンなど

▼2022年 2月

・パスタ・パスタソース
・冷凍食品(ハンバーグなど)

上記の値上げ一覧は、一部です。
その他は、文字数の関係から、割愛しています。

-- 消費者 経済 総研 --

◆値上げ幅などは?

次項からは、値上げ幅なども含め、
それぞれの品目・商品を、解説していきます。




2021年10月の値上げ
-- 消費者 経済 総研 --

◆10月 牛丼 吉野家

吉野家は、2021年10月29日から値上げしました。

牛丼(並盛)は、
387円 → 426円 (税込)と、10%値上げです。

▼値上げの理由は?

値上げの理由は、下記です。

・昨今の急激な輸入牛肉の価格高騰
・原油高の影響

-- 消費者 経済 総研 --

◆10月 輸入小麦 政府

「輸入小麦」が、また、値上がりしました。

2021年4月に、値上げが、あったばかりでした。
半年後の10月に、再び値上げです。

小麦の輸入では、下記の仕組みになっています。
「政府が購入し、国内の製粉会社等へ売る」

その売り渡し価格が、2021年4月1日に、
「5.5%の値上げ」となりました。

そしてその4月の価格に対して、
10月には、さらに約2割も、値上げです。

1年前からは、約25も%の値上げです。
パンの値段も、どんどん、上がりそうですね。

▼値上げの原因は?

・中国の爆買い
  米国・カナダ産小麦への、中国の旺盛な買付け

・トウモロコシが高騰
  飼料の「トウモロコシ」も高騰し、
  その代わりとして、小麦が買われた

・6月以降の気候変動で品薄
  米国・カナダの小麦産地が、高温乾燥で不作

・太平洋の輸送需要が増加→海上運賃が大幅上昇

これらで、国際価格が上昇したことが、原因です。

-- 消費者 経済 総研 --

◆10月 コーヒーの値上げ

味の素AGFや、キーコーヒーは、
2021年10月1日納品分から、値上げしました。

コーヒー製品の店頭価格は、約2割UPです。

コーヒーの「生豆」の国際相場は、
2021年2月から、上昇が続いています。

7月には、7年ぶりの高値を、付けました。

▼コーヒーの高騰の理由は?

◇需要面では?

世界のコーヒー消費量が、拡大し続けました。
今後も、コロナ沈静化→活動再開で、需要UP見込み

◇供給面では?

・昨年 11月から続く降雨不足による天候不順

・今年7月、ブラジルで、27年ぶりの大規模な降霜
 (しも が、降りた)

・コロナ禍で発生した海上輸送網の混乱

・2021年1月からの円安傾向

-- 消費者 経済 総研 --

◆10月 スイーツ・和菓子

山崎製パン、フジパンが、
スイーツ・和菓子を、値上げしました。

▼山崎製パン

2021年10月1日の出荷分から、
スイーツ・和菓子の出荷価格を、平均で7%値上げ

▼値上げの理由は?

◇供給面では?

・天候不順で穀物が高騰し、原料(油脂・糖)が高騰

・鳥インフルエンザの拡大で、鶏卵価格が高騰

・電気・ガス・軽油等も上昇

・物流費や人件費も増加

◇需要面では?

・世界的な需要拡大

▼フジパン

フジパンも、スイーツ・和菓子を、値上げしました。
10月1日納品分から、8.4%の値上げです。

値上げの原因は、山崎製パンと、ほぼ同じです。




2021年11月の値上げ
家庭用の冷凍食品、メンマ、食用油が、値上げです。

-- 消費者 経済 総研 --

◆11月 冷凍食品 ニチレイフーズ

ニチレイフーズが、家庭用の冷凍食品を、
2021/11/1の納品分から、約4~8%値上げです。

▼値上げの理由は?

◇需要面では?

・世界的な食料需要の増加

◇供給面では?

・原材料(特に、油・畜肉原料・小麦粉の急激な高騰)

-- 消費者 経済 総研 --

◆11月 味付メンマなど 桃屋

桃屋が「味付メンマ」等の通販価格を、値上げです。

2021年11月1日から、
味付メンマ100gが、300円 → 313円(税込)です。

▼値上げの原因は?

・原料価格が、国内外の需要拡大により高騰

-- 消費者 経済 総研 --

◆11月 食用油 J-オイルミルズ

J-オイルミルズは、2021年11月1日納品分から、
食用油の価格を、値上げしました。

家庭用の油脂製品は、30円/kg以上の値上げです。

2021年は、なんと、4月、6月、8月、10月と、
頻繁に連続的に、値上げです。

▼値上げの原因 需要面では?

・世界的な大豆への旺盛な需要

▼値上げの原因 供給面では?

・油の原料(大豆・菜種・パーム油)のコスト上昇

・菜種は、カナダの高温少雨で、減産見通し

・パーム油は産地マレーシアがコロナで生産不足

・海上運賃の大幅な上昇




いつまで続く?来年は?
-- 消費者 経済 総研 --

◆1月 ポテトチップス カルビー

カルビーは、2022 年1月24日から
順次、長い期間で、実施していきます。

2月は、ポテトチップス(フレンチサラダ)が値上げ、
3月は、ポテトチップスギザギザ🄬コク深いチキンコンソメ
4月以降は、じゃがいもチップス(花藻塩味)が値上げ

上記のように、値上げが続きます。

▼値上げの理由は?

・高温・干ばつで「北海道ばれいしょ」が減少見通し
・原材料価格が、大幅に上昇

▼値上げと減量は?

値上げ幅は、7~10%程度です。

「ポテトチップス うすしお味」の
(60g)は、値上げです。

「ポテトチップス うすしお味」の
(85g)は、値上げではなく、量を減らします。

価格据え置きで、85g→ 80gと、約6%減ります。
カルビーは、減量の情報を開示しています。

しかし世の中には、知らずのうちに「減量」する
「ステルス値上げ」も、増えそうですね。




2022年1月
-- 消費者 経済 総研 --

◆1月 食パン等 フジパン

フジパンは、食パン、菓子パン、総菜パンなどを、
2022年1月1日の納品分から、値上げ予定です。

「本仕込食パン」などの食パンは、約10%UP(平均)

▼値上げの原因 需要面では?

・原料(小麦粉、油脂類、糖類、レーズン)の世界的な需要拡大

▼値上げの原因 供給面では?

・原料が、産地の天候不順で、大幅に高騰

・鳥インフルエンザの拡大で、鶏卵価格が高騰

・包装資材、物流費・燃料費(軽油)などの高騰

*なお、山崎製パンも、食パン・菓子パンを、
 2022年1月1日の出荷分から値上げします。

-- 消費者 経済 総研 --

◆2月 パスタ 日清フーズ

日清フーズは、2022年2月1日の納品分から、
パスタ等を約3~9%、冷凍食品を約4~7%値上げです。

▼値上げの原因 供給面では?

・原料の輸入小麦が、2021年10月1日に値上げ

・デュラム小麦、その他原料、包材費、人件費の上昇

-- 消費者 経済 総研 --

◆2月 ハンバーグ 味の素冷凍食品

味の素冷凍食品は、
2022 年 2 月 1 日の納品分より、値上げします。

「洋食亭Ⓡ」和風ハンバーグなどの
家庭用は、約4~13%UPです。

▼値上げの原因 供給面では?

・原材料費、エネルギー費、包材費等、物流費の上昇






■上期の値上げ 詳細編■
ここから、2021年度「上期の値上げ 詳細編」です。
新年度開始の4月での値上げを、掲載しています。




ファストフードは?
-- 消費者 経済 総研 --

◆モスバーガーは、値上げ?

メイン商品の「モスバーガー」では、
2021年4月1日から、値上げしました。

・イートイン : 377円 → 390円 (13円値上)
・テイクアウト: 370円 → 390円 (20円値上)

 ※価格は、いずれも税込

2021年4月1日から、
消費税の税込表示が、義務化されました。

これに合わせて、モスバーガーでは、店内飲食も、
持ち帰りも、同じ税込価格に、してしまいます。

イートインでもテイクアウトでも、上記商品では、
同じ税込390円なので、シンプルで良いですね。

さらに、同時に、税込価格つまり実際の支払額を、
1円単位の端数を、廃止しました。

10円単位にすることで、
さらに、わかりやすさを、向上しました。

シンプル is ベストですね。

◇値上げの理由は?

・人件費や食材の高騰など、様々なコストの増加

・コロナ禍でテイクアウトが増え、
 無料提供の包材費の負担の増加

これらが、値上げの理由です。

-- 消費者 経済 総研 --

◆丸亀製麺は? 値上げ?

うどん専門チェーン店の「丸亀製麺」では、
どうでしょうか?

かけうどん、ぶっかけうどん、釜玉うどん、
明太釜玉うどん、とろ玉うどん、カレーうどん

以上、いずれも、20円(税込)値上げしました。
※いずれも並サイズ

しかし看板商品の「釜揚げうどん」(並サイズ) は、
3/31まで290円(税込)→4/1から 290円(税込)
と、変更なしです。

◇値上げの理由は?

昨今の外食産業をとりまく厳しい環境と、
人件費高騰が、値上げの理由です。

-- 消費者 経済 総研 --

◆一風堂は? 値上げ? 値下げ?

主力商品のラーメンの白丸元味は、
現行の825円→790円、

赤丸新味は、902円→890円、
極からか麺は、935円→930円 に値下げです。

一方で、下記のように、値上げされました。

替玉:100円→150円、
博多ひとくち餃子:462円→470円、

明太子ごはん:429円→430円、
チャーハン:649円→650円、
ハカタノチカラめし:462円→470円に

◇値上げ・値下げの理由は?

値上げの理由は、
外食産業を取り巻く厳しい環境や、
原材料費や物流費の高騰が理由です。

一方で、今後も一風堂を気軽に利用できるよう、
主要なラーメンについては値下げとなりました。




輸入小麦は? 値上げ?
輸入小麦は、政府が購入し、
国内製粉会社等へ売る、仕組みになっています。

その売り渡し価格が、2021年4月1日に、
5.5%の値上げとなりました。

パンの値段も、上がっていきそうですね。

◇値上げの原因は?

・米国・カナダ産小麦への、中国の旺盛な買付け

・ロシアの小麦輸出税の引上げ

・2月中旬の米国中央部の寒波による、
 小麦生育への影響懸念

これら等で、国際価格が上昇したことが原因です。




食用油は? 値上げ?
-- 消費者 経済 総研 --

◆日清オイリオグループ

日清オイリオグループは家庭用・業務用・加工用の
「食用油」を、4/1納入分から値上げしました。

◇値上げ幅は?

家庭用の食用油は、
1㎏当たり20円以上の値上げとなりました。


◇値上げの原因は?

・原材料の価格上昇
  (大豆は6年半ぶり、菜種は8年半ぶり、
  パーム油は10年ぶりの高値)

・大豆の高騰の理由は、
  米国産の需給逼迫、
  天候不順(ラニーニャ現象)を背景とした
  南米産の減産懸念、
  中国をはじめとする旺盛な需要

・菜種の高騰の理由は、
  旺盛な需要に加え、
  雨による欧州産の作付面積減少等

・パーム油の高騰の理由は、
  生産地の天候不順による減産懸念、
  中国・インド等の旺盛な需要等

-- 消費者 経済 総研 --

◆J-オイルミルズ

J-オイルミルズは、2021年4月1日の出荷分から、
業務用の油脂加工の製品を値上げしました。

マーガリン製品は、25円/ kg以上、
ショートニング製品は30円/ kg以上の
値上げをしました。

なお、 家庭用の油脂製品は、
2021年6月1日出荷分から、値上げしました。

値上げ幅は、30円/kg以上です。

値上げ理由は、
日清オイリオグループの理由とほぼ同じです。




サンマ缶詰は? 値上げ?
マルハニチロは、2021年4月1日の納品分から、
サンマ缶詰計4品を、値上げしました。

◇値上げ幅は?

1缶あたり30円です。

・さんま蒲焼 100g:230円→260円

・減塩さんま蒲焼N 100g:230円→260円
・さんま塩焼 75g :230円→260円

 (値段は、税別)

◇値上げの原因は?

昨年の記録的なサンマの不漁です。







円安の解説
-- 消費者 経済 総研 --

◆2021年は、1月から、円安へ?

2021年のドル円相場は、どう推移したでしょう?

1月は、「1ドル 103円 」でした。
 ↓
11月は、「1ドル 115円 」です。

1月 103円 → 11月 115円 と、
12円もの円安・ドル高が、進みました。

115円は、4年ぶりの円安水準です。

1ドルを、手に入れるには、
以前は103円だったのが、今は115円になります。

つまり、ドルの入手コストが、UPしました。

よって、ドルの価値が、高まりました。
これが「ドル高」です。

ドルと円とは、裏・表の関係にあります。
ドル高は、円安です。

1ドルが、103円 → 115円 へ変化したことは、
米国視点ではドル高で、日本視点では円安です。

-- 消費者 経済 総研 --

◆「円安」だと、日本の物価が、上がる?

米国の1ドルの商品を、買うには、何円必要?
1月は103円で「米国の1ドル商品」を買えました。

11月では、「115円」を出さないと、
米国の1ドル商品を、買えません。

つまり、輸入品を仕入れるコストが、UPしました。
輸入品のコストUPは、日本の物価上昇になります。

-- 消費者 経済 総研 --

◆円安の理由は、米国の金利上昇?

円・ドルの相場を、決定する主な要素は、
「日米の金利差」です。

国債は、一般個人でも買える金融商品です。

日本の国債(10年)の利回りは、約0.1%です。
米国の国債(10年)の利回りは、約1.5%です。

日本国債を、100万円分を、買っても、
1年の利息は、千円しかもらえません。

米国国債を、100万円分を、買うと、
1年の利息は、1万5千円も、もらえます。

同じ国債を買うなら、米国の国債の方がお得です。

そこで、日本円を米ドルに換えて、
「米国の国債を買う」傾向が、強まります。

「円→ドル に変える」ことは、別の言い方では、
「円を売って、ドルを買う」ということです。

「円を売ってドルを買う」傾向が、高まりました。
円が売られたので、円は安くなります。

つまり、円安です。
2021年1月から急に、ドル高円安になりました。

-- 消費者 経済 総研 --

◆米国の金利UPの理由は、「正常化へ回帰」策?

2020年7月頃は、日米金利差は、0.5%でした。
(米国0.5% - 日本0% = 金利差0.5%)

安倍政権では、
アベノミクス3本の矢を、政策にしました。

3本の矢のうち、第1の矢は「金融緩和策」です。
金融緩和策 = 低金利策 + 量的緩和 です。

景気対策で、「お金を、借りやすく」するために、
金利を下げ、融資用のお金を、増やしておきます。

この金融緩和策は、世界中で実施されています。

「アベノミクス」の言葉が目立ちますが、
日本独自ではないのです。

米国をはじめ、各国で、実施しています。

さて、米国の金利は、次のように、上昇しました。

 2020年の底値:8月 0.5%
   ↓
 2021年の高値:3月 1.7%

米国は、コロナ禍の経済危機の
峠は、すでに、超えています。

金利上昇の原因は、テーパリングです。

テーパリングとは、米国の中央銀行(FRB)が、
「超・金融緩和策 → 正常化へ戻す」作業です。

危機の峠を越えたから、正常化へ戻すのです。

テーパリングは、具体的には、下記の流れです。
「FRBが国債等を買う量を、徐々に減らしていく」

▼危機の時に、FRBが国債を買った理由は?

FRBが、国債をたくさん買えば、
その購入代金が、市中に増えていきます。

これが「量的緩和策」です。

また、FRBが、国債をたくさん買えば、
国債が、品薄になります。

国債が品薄になると、国債の価格は上がります。

A:利回り = B:国債の利息の額 ÷ C:国債の売買額
C:国債の額が上がれば、分母が大きくなります。

Cの分母が大きくなれば、A:利回りは下がります。

テーパリングとは、
国債購入の減少→国債購入の終了の流れです。

国債購入の減少で、
市中のマネーの増加ペースが、落ちます。

やがて国債購入が、終了します。
国債購入終了で、市中マネーの増加は終わります。

「マネー増加が終了」することは、
「量的緩和策」が、終了に向かう ということです。

また、国債購入の増加は、
Cの国債の価格が、上がります。

Cの国債の額が上がれば、分母が大さくなります。
Cの分母が大さくなれば、A:利回りは下がります。

今までの金利低下のトレンドが、
テーパリングで、終わります。

テーパリングの後には、
金利引き上げ策が待っています。

つまり、金利相場は、上昇へ向かいます。
こうして米国は、金利が上昇しました。

米国金利は上昇し、日本金利は、ほぼ不変です。
金利が高い国債を買えば、利息も、多くもらえます

高い金利の米国国債を、買う動機がUPしました。
米国国債を買うために、ドルを手に入れます。

よって、米国ドルの需要が、高まりました。
円が売られて、ドルが買われました。

こうして「円安」になりました。

なお、今回の米国金利の上昇は、
テーパリングの実行期より、早めに起きました。

金融マーケットの参加者が、先回りして、
アクションを起こしたと、解釈されます。




なぜ、金融緩和策をする?
そもそも、なぜ、金融緩和策を、するのでしょうか?

①金利を下げること
②お金の量を増やすこと

上記の2点を、徹底的にやることが、
「大胆な金融緩和」です。

(ここから「だ。である。調」に、変えます)

①金利を下げると、どうなる?

例え話で解説する(金額などは仮の数値)

自動車メーカーが新しい工場を増設を検討する。
費用は、100億円だ。

100億円を、銀行から借金する。
金利10%なら、1年で10億円の利子を負担する。

金利が1%なら、1年で1億円の利子を、負担する。

金利が低いと、企業は工場を、増設しやすい。
工場が増設されれば、車の生産台数が増える。

その増えたクルマを、海外へ輸出する。
こうして、その企業の売上は、増える。

「売上UP→給料UP」 にもつながる。
金利低下で、景気が良くなるのだ。

-- 消費者 経済 総研 --

②お金の量を増やすと、どうなる?

金利が下がっても、融資する資金が不足だと、
自動車メーカーは、借金できない。

借金できなければ、工場の増設ができない。

そこで「金利を下げる」だけではなく、
「お金の量も増やす」のだ。

「大胆な金融緩和」とは、下記2つだ。

①金利を下げること
 →ゼロ金利・マイナス金利策

②お金の量を増やすこと
 →量的緩和策

コロナ禍で傷んだ経済を、各国の中央銀行が、
金融緩和策で、対処したのだ。

米国は、テーパリングで、
その対策の出口に向かったのだ。

つまり、金融緩和を縮小し、
低金利→正常金利へ向かい、米国金利は上昇だ。

-- 消費者 経済 総研 --

◆需要サイドは?

前項の自動車メーカーの例え話は、供給サイドだ。
需要サイドでは、どうか?

同じく、例え話で、解説する。

パワーカップルが、1億円の
マンションの購入を、検討している。

住宅ローンの金利が、8%ならば、
1年で、800万円もの金利を、負担する。

金利が0.5%ならば、50万円だ。

1年間で、上記のように、大きな差が出る。
30年間のローンなら、とても大きな差になる。

(経年で、元本が減れば、支払利子の額も減少する)

金利が下がれば、
マンション買おうとする人が、増える。

「金利ダウン → マンション需要はアップ」だ。

マンション売上UP
 ↓
不動産会社の売上UP
 ↓
社員の給料UPへ

低金利は、企業だけでなく、消費者も恩恵がある。
消費拡大すれば、景気もUPする。

金融緩和策(低金利策+量的緩和策)すれば、
景気は拡大するのだ。




 
番組出演・執筆・講演等のご依頼は、
 お電話・メールにてご連絡下さい

ご注意
「○○の可能性が考えられる。」というフレーズが続くと、
読みづらくなるので、
「○○になる。」と簡略化もしています。
断定ではなく可能性の示唆である事を念頭に置いて下さい。

このテーマに関連し、なにがしかの判断をなさる際は、
自らの責任において十分にかつ慎重に検証の上、
対応して下さい。また「免責事項 」をお読みください。

引用
真っ暗なトンネルの中から出ようとするとき、
出口が見えないと大変不安です。

しかし「出口は1km先」などの情報があれば、
真っ暗なトンネルの中でも、希望の気持ちを持てます。

また、コロナ禍では、マイナスの情報が飛び交い、
過度に悲観してしまう人もいます。

不安で苦しんでいる人に、出口(アフターコロナ)という
プラス情報も発信することで、
人々の笑顔に貢献したく思います。

つきましては、皆さまに、本ページの引用や、
URLの紹介などで、広めて頂くことを、歓迎いたします。
引用・転載の注意・条件をご覧下さい。
【著作者 プロフィール】
■松田 優幸 経歴
 (消費者経済|チーフ・コンサルタント)

◆1986年 私立 武蔵高校 卒業

◆1991年 慶応大学 経済学部 卒業

*経済学部4年間で、下記を専攻
・マクロ経済学(GDP、失業率、物価、投資、貿易等)
・ミクロ経済学(家計、消費者、企業、生産者、市場)
・労働経済
  
*経済学科 高山研究室の2年間 にて、
・貿易経済学・環境経済学を研究

◆慶応大学を卒業後、東急不動産(株)、
 東急(株)、(株)リテール エステートで勤務

*1991年、東急不動産に新卒入社し、
途中、親会社の東急(株)に、逆出向※

​※親会社とは、広義・慣用句での親会社 

*2005年、消費・商業・経済のコンサルティング
 会社のリテールエステートに移籍

*東急グループでは、
消費経済の最前線である店舗・商業施設等を担当。

各種施設の企画開発・運営、店舗指導、接客等で、
消費の現場の最前線に立つ

*リテールエステートでは、
全国の消費経済の現場を調査・分析。
その数は、受託調査+自主調査で多岐にわたる。

商業コンサルとして、店舗企業・約5000社を、
リサーチ・分析したデータベースも構築

◆25年間の間「個人投資家」としても、活動中

株式の投資家として、
マクロ経済(金利、GDP、物価、貿易、為替)の分析や
ミクロ経済(企業動向、決算、市場)の分析にも、
注力している。

◆近年は、
消費・経済・商業・店舗・ヒットトレンド等で、
番組出演、執筆・寄稿、セミナー・講演で活動

◆現 在は、
消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
兼、(株)リテール エステート リテール事業部長

◆資格は、
 ファイナンシャル・プランナーほか


■当総研について

◆研究所概要
*名 称 : 消費者経済総研
*所在地 : 東京都新宿区新宿6-29-20
*代表者 : 松田優子
*U R L : https://retail-e.com/souken.html
*事業内容: 消費・商業・経済の、
 調査・分析・予測のシンクタンク

◆会社概要
「消費者経済総研」は、
株式会社リテールエステート内の研究部署です。

従来の「(株)リテールエステート リテール事業部
消費者経済研究室」を分離・改称し設立

*会社名:株式会社リテールエステート
*所在地:東京都新宿区新宿6-29-20
*代表者:松田優子
*設立 :2000 年(平成12年)
*事業内容:商業・消費・経済のコンサルティング

■松田優幸が登壇のセミナーの様子

ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の
 情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ「引用掲載」する場合は、
 出典明記
 当総研サイトの「該当ページに、リンク」を貼る。

 上記の①②の2つを同時に満たす場合は、
 事前許可も事後連絡も不要で、引用できます。
 
 ①②を同時に満たせば、引用する
 文字数・情報量の制限は、特にありません。

 (もっと言いますと、
 ①②を同時に満したうえで、拡散は歓迎です)

*テレビ局等のメディアの方は、
 取材対応での情報提供となりますので、
 ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: toiawase★s-souken.jp
(★をアットマークに変えて下さい)

電 話: 03-3462-7997 
(離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   
松田優幸の経歴のページは「概要・経歴」をご覧下さい。