概要・経歴 | 消費者経済総研の概要 ・ チーフコンサルタントの経歴

経歴 | チーフ・コンサルタント 松田優幸 | ファイナンシャルプランナー
チーフ・コンサルタント 松田優幸は、消費と経済の専門家・評論家として、
また、ファイナンシャル・プランナー、エコノミストとして活動しています。 

実績一覧(番組出演・執筆・寄稿・講演等)は、こちら を、ご覧下さい。

1986年 私立 武蔵高校 卒業

1991年 慶應義塾大学 経済学部 卒業
     経済学部で、
      ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
      ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻

     経済学科 高山研究室 にて、
      ・貿易経済学・環境経済学を研究

1991年~東急不動産(株)、東急電鉄(株)、(株)リテール エステートで勤務*

*この間では、
 消費の現場である商業施設と、街づくりの計画を担当し、
 各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で 消費の現場の最前線に立つ。 
 また、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

現 在は、
 消費者経済総研 チーフ・コンサルタント (52歳)
 兼、株式会社 リテール エステート リテール事業部長

*近年は、
 消費・経済・商業・店舗など中心に、番組出演・執筆・寄稿、セミナー・講演登壇等で活躍

*資格は、
 ・ファイナンシャル・プランナー
 ・宅地建物取引士資格者
 ・不動産コンサルティング技能登録者(新制度更新前迄)
 ・簿記3級

実績一覧番組出演・執筆・寄稿・講演等)は、 こちら を、ご覧下さい。

消費と経済をテーマに「3分でわかる解説シリーズ」を連載中

消費税・年金などの消費者・生活者関連や、GDP・日銀短観・税制・賃金などの経済系を
連載掲載中です。消費者経済総研は、「消費」と「経済」にフォーカスしています。
また、ヒット・トレンド予測・分析も、リリースしています。

店舗のリサーチ・コンサル: 対象は、約5000社
約5000社のチェーン店舗の会社を、リサーチし、データベース化してあります。

商業系施設のコンサル : 対象は、1020棟
1020棟の商業施設※を、現場で視察調査済みです。

実施した調査対象の施設数は、340棟です。
同時に行う対象の周辺施設を、含めると1020棟を、視察調査済みです。
 ※ショッピングセンター(SC)や、百貨店、複合施設、飲食ビル、ロードサイド店舗など

机上分析に加え、徹底した「現場調査主義」
最近の例では、「渋谷ストリーム」では31店舗の飲食店、「中目黒高架下」では21店舗の飲食店があります。いずれも、31店舗・21店舗を、全店を、実査・実食済みです。
徹底した現場調査も行っています。

実績一覧(番組出演・執筆・寄稿・講演等)は、こちらを、ご覧下さい。
概要 | 消費者経済総研とは
松田優幸をチーフ・コンサルタントとし、
消費者動向、消費トレンド、ヒット商品、消費税の影響、マクロ経済など、
広く「 消費 + 経済 」に関する領域を、研究、調査、分析、予測をおこなうシンクタンクです。

当研究所は、株式会社リテールエステート内の一組織(部署)として存在しております。

株式会社 リテール エステートとは
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: info-s@s-souken.jp

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら