消費税の減税・廃止の効果は?|消費税・経済の専門家 評論家が、わかりやすく解説|2020年5月29日

◆コロナ経済対策で消費税の「減税又は廃止」の効果は?

◆消費税・経済の専門家 評論家が、わかりやすく簡単解説

◆過去の消費増税では、景気へ悪影響で不況の原因にも

◆消費税の使い道は社会保障等なので、減税できない?
◆社会保障の財源は、国債増発(国の借金)に変更でもよい。

番組出演・執筆・講演等のご依頼は、お電話・メールにてご連絡下さい

初稿:2020年4月14日、現在稿:2020年5月29日分反映-
 本ページは、修正・加筆等で、上書き更新されていく場合があります。

ご注意
このテーマに関連し、なにがしかの判断をなさる際は、自らの責任において十分にかつ慎重に検証の上、
対応して下さい。また「免責事項」をお読みください
東京新聞に掲載 2020年6月30日


準全国紙の 東京新聞(2020年6月30日)から、筆者(松田)が、取材を受け、
消費税の減税に関する内容が掲載されました。


今回号のポイント
コロナ経済対策の「真水」部分は、62兆円程度。

コロナ経済対策で、消費税を「減税又はゼロ税率」にした場合の効果は?

過去の増税での消費者への影響を振り返る(1997年3→5%、2014年5→8%)

消費支出の過去グラフを見れば、一目瞭然。増税で、大きな経済ダメージとなった

消費税の使い道は、社会保障等で決定済みなので、減税できないと、政府は言う

コロナ・ショックにおいて、消費税の減税・廃止は、生活支援策・経済刺激策の両方になる

社会保障の財源は、国債増発(国の借金)に変更でもよい。場合によっては通貨増発も


コロナ対策の額は不足 国債増発へ
コロナ経済対策 234兆円 の中身とは?

政府はコロナ・ショックへの経済対策として、234兆円の規模で、予算編成しました。
しかし、234兆円には、税金・社会保険料の納付猶予の金額等までも、含んでいます。

貸し付け金の額も、含んでいます。貸付金は、給付(もらえる)ではなく、返済するものです。
税金や社会保険料の納付猶予も、免除(払わなくて良い)では、ありません。


コロナ経済対策の「真水」部分は、62兆円程度。

コロナ経済対策の「真水」部分は、234兆円のうち、62兆円弱程度です。
なお、リーマン・ショックでの、経済対策の真水分は、32兆円でした。

 ※「真水」とは、政府が支出する金額。支出であって、貸付けや猶予等の額は、含まない。
  経済対策では「事業規模〇兆円、うち真水部分●兆円」などと、表現する。


コロナ経済対策で、58兆円を、国債発行で調達

コロナ経済対策の今年度の補正予算額は、57兆6028億円となりました。
その全額を、国債発行で調達します。国債発行なので、新たな国の借金が追加発生します。

つまり国の借金が、新たに、約58兆円が、増えることにまります。


58兆円も国の借金が増加。しかし問題ではない。

58兆円もの借金が、さらに増加することを、問題視する意見がありますが、問題ではありません。

 ※上記までの詳細は、過去号
 国の借金さらなる増加も問題ない|その理由とは?|政府と日銀」を参照


そもそも、借金大国ではなく、借金の優等生

そもそも、元から、日本は、借金大国ではありません。
借金大国どころか、日本は、借金の優等生です。

 ※詳細は、2020/3/22の「過去号」
 「日本は借金大国では無いと判明|その根拠とは?|IMF報告でG7比較」を参照


借金の増加は、どこまでokか?

いままで優等生であっても、さらに借金が増えると、優等生ではなくなる、かもしれません。
しかし、それでも問題ないのです。

では、借金は、どこまで増やしても、大丈夫なのでしょうか? その上限とは?

 ※詳細は、2020/4/12の「過去号」
 「(続編2) 国の借金増加は問題なし|その理由とは?|MMT理論」を参照


過去の増税で、消費者へのダメージとは?
過去の消費税の増税では、どうなったでしょうか?
1997年4月(3→5%)、2014年4月(5→8%)の2回とも、消費支出が、落ち込みました。

  ※出典:内閣府 実質 原系列 民間最終消費支出 ※年は暦年ではなく年度


増税するたびに、下落と減速のダメージ?


上のグラフを、見て下さい。
5%消費増税ショック、リーマンショック、8%消費増税ショックの、3つに、注目します。
それぞれのショックの前まで、拡大していた消費支出は、下落に転じます。

5%へ増税の前までの伸び率と、リーマン・ショック前までの伸び率の2つで、比較します。
赤い➡と、黄色い➡では、後者の方が、伸び率が、低くなってしまいました。

続いて、リーマン・ショック前までの伸び率と、8%へ増税の後の伸び率で比較してみます。
黄色い➡青い➡では、後者の伸び率の方が、低くなっています。

下記グラフは、その「3つの傾き」を、比較したものです。


消費税を増税するたびに、下落です。反転上昇しても、消費者へ重しが乗っかり、減速します。

2つ前のグラフの黄色➡は、リーマン・ショック前までですが、2013年度まで伸ばしてみます。
それが、下記のグラフです。


この伸ばした黄色の➡で、わかることは、次のことです。

リーマン・ショックで、消費が落ち込んでも、復活しました。そして元の伸び率に戻ったのです。
リーマン・ショックは、一時的なショックですが、消費増税では、毎年毎年、重しが継続します。


アベノミクス効果も、台無し
2012年から、第2次・安倍政権が、始まりました。

下のグラフの緑の➡の右側・濃い方が、アベノミクス効果です。伸び率はアップしています。
しかし2014年の消費増税で、急落してしまいました。アベノミクスも、消費増税で台無しです。


2019年10月の増税(8→10%)では、どうなのか?
10%へ増税後のデータは、まだ2019年3Q(10-12月期)の1つしか、ありません。
よって、短期の傾向しか見れませんが、前年3Q(10-12月期)と比較した減少を下図に記載です。



消費税を減税すると、どうなる?
消費税は、1989年に導入されてから、3回、増税されました。
増税するたびに、消費支出は、下落し、その後は減速が継続しました。

消費税の「減税」については、実施したことが無いので、減税した場合の効果は、不明です。
しかし、増税後の消費支出のグラフは、かなり線形性が見られます。

 ※線形性とは、変数と変数の関係が直線的であること。



その線形性から、減税したら、上図の紫矢印のように、消費が戻ることは、十分考えられます。

また、コロナ・ショックで、国民の生活経済には、大きな影響が、出ています。
生活経済支援の対策として、1人あたり10万円の現金給付が、支給されます。

現金給付と、消費税の減税 との比較は?

1世帯で年間400万円を消費支出するとします。400万円×10%=40万円の消費税の負担です。
消費税をゼロにすれば、1世帯あたり、年間40万円の救済となります。

 ※消費税が、非課税又は軽減税率が適用される取引もあるが、ここでは全て10%課税とした

緊急にお金が必要な人には、別途、緊急支援で手当てします。

様々あるコロナ支援策は、複雑で煩雑です。時間もかかります。
消費税ゼロ税率なら、消費者の手間は、大きく軽減するでしょう。

自民党の有志は、コロナ・ショック対策として、消費税減税を求める緊急声明を、出しました。
一方政府は、消費税収を、年金、医療・介護、子供・子育て、教育無償に充てる経緯から消極的です。

これら社会保障の予算は、消費税ではなく、国債増発によって、まかなえば、良いのです。

消費税の年間税収は、22兆円程度です。
消費税をゼロにし、22兆円を、国債増発で調達するのは、検討の価値があります。

消費税の減税は、コロナ・ショックでの生活支援策になります。
GDPの約6割が個人消費です。消費税の減税は、同時に、経済刺激策にもなります。


【筆者プロフィール】
松田優幸が登壇のセミナーの様子
【松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴】

1986年 私立 武蔵高校 卒業

1991年 慶応大学 経済学部 卒業
     経済学部4年間で、
      ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
      ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻

     経済学科 高山研究室 にて、
      ・貿易経済学・環境経済学を研究

1991年~東急不動産(株)、東急(株)、(株)リテール エステートで勤務

この間では、
 消費経済の最前線の現場である、店舗・商業施設などを担当し、
 各種施設の、企画開発・運営、接客等で、消費の現場の最前線に立つ。 
 また、全国の消費経済の現場を、視察・調査し、その数は多岐にわたる。

また、25年間の間「個人投資家」として活動中。
投資家として、マクロ経済(金利、GDP、物価、貿易、為替など)の分析や、
ミクロ経済(企業動向、決算、市場など)の分析にも、注力している。

*近年は、
 消費・経済・商業・店舗・ヒットトレンド等で、番組出演、執筆・寄稿、セミナー・講演等で活躍

*現 在は、
 消費者経済総研 チーフ・コンサルタント (53歳)
 兼、株式会社 リテール エステート リテール事業部長

*資格は、
 ・ファイナンシャル・プランナー他


【消費者経済総研について】

■研究所概要
名称  : 消費者経済総研
所在地 : 東京都新宿区新宿6-29-20
事業内容: 消費・商業・経済の調査・分析・予測のシンクタンク
ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ引用掲載する場合は、
  ①出典明記 ②部分引用に限る ③当総研サイトページにリンクを貼る。 
  以上の①②③を同時に満たす場合は、連絡なく、一部転載・引用ができます。

*テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: toiawase★s-souken.jp(★をアットマークに変えて下さい)

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら