2020年の当総研の「当初予測」を振り返り|予測が当たったかを検証

シリーズ|予測の的中度の検証

消費者経済総研の予測が、当たったのか? 外れたのか?
日本のコロナ死者が、少ない理由は? 「ファクターx」は何か?

「亜種コロナに感染済みで、交差免疫を獲得」との
消費者経済総研の 2020年6月発表の 予測が、的中。



新型肺炎から、人々の健康生命を守るため、コロナ・ウイルス対策は、重要なテーマです。
同時に、経済を守るため、ウイルス対策は、同じく重要です。

「ウイルスの制御や制圧」がなされれば、激しく落ち込んだ景気は「V字回復」でしょう。
つまり「ウイルス対策」は、「最高の経済対策」でもあります。

消費と経済の消費者経済総研では、「経済対策」は、主たるテーマの一つであります。
コロナ問題を、公衆衛生の問題としてのみではなく、経済問題として連載しています。

そのため、消費者経済総研は、コロナ関連テーマを、お届け致しています。


番組出演・執筆・講演等のご依頼は、お電話・メールにてご連絡下さい

初稿:2020年11月12日 : 本ページは、修正・加筆等で、上書き更新されていく場合があります。

ご注意
このテーマに関連し、なにがしかの判断をなさる際は、自らの責任において十分にかつ慎重に検証の上、
対応して下さい。また「免責事項」をお読みください
「ファクターx」は何か? 日本のコロナ死者が、少ない理由は?
今回号のポイント
*「ファクターX」は、何か?

*日本の新型コロナ死者数が少なく、死亡率が低い理由 とは?

*アジアが、欧米よりも、死亡率が低い理由 とは ?

 → その答えとして「亜種コロナに感染済みで、交差免疫を獲得」と消費者経済総研は予測

その消費者経済総研の予測は、当たったか?

結論は、「当たった」と考えられます。その理由を述べていきます。


ファクターxの候補 とは ?
日本人の死亡率が低い理由(つまりファクターx)に、下記がよく挙げられます。
「BCGが効いている」 「衛生意識が高く清潔」 「まじめに自粛した 」 「日本モデルが 成功」

  いずれも違う と予測しました。


「死亡率が低いアジア人は、亜種のコロナに感染済みで、免疫(交差免疫)を獲得した」

  → これが最も有力 と予測しました。

上記の通り、消費者経済総研は、5カ月前に予測し発表しました。(2020年6月14日、7月12日更新)


「交差免疫」とは?
「交差免疫」とは、過去に「ある病原体」に感染したことで、
その病原体に似ている、別の病原体に対しても働く「免疫」のことです。

コロナの場合では「別のコロナ・ウイルス(亜種コロナウイルス)」に過去に感染したことで、
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対しても働く「免疫」のことです。


根拠は?
消費者経済総研の6月の予測発表の後、5カ月たちましたが、やはり

 「亜種コロナに感染済みだと、新コロナにも免疫が効く。この交差免疫がファクターx」

これが、答えに最も近いことが、明らかになりつつあります。

では、その根拠について、みていきます。
その前に、死亡率が低いのは、日本特有の事象ではなく、広くアジアでの傾向です。

2020/9/30のボストン大学マニッシュサーガル氏らの研究論文※1では、下記としています。

「以前に、亜種コロナウイルスが検出された患者は、新型コロナ感染症の重症率は、低い。」
「亜種コロナウイルスに対する既存の免疫が、新型コロナの症状を、軽減すると示唆している。」

この研究論文により、消費者経済総研の説が、医学的根拠によって支持されたことになります。
また、この論文以外にも、支持する根拠があり、それはこのページの下段に記載しています。


亜種コロナウイルス とは ?
人間に感染するコロナウイルスは、下記の7種類です。

◆風邪症候群のヒト・コロナ・ウイルス(4種類)
 ・HCoV-OC43 ・HCoVHKU1 ・HCoV-NL63 ・HCoV-229E

◆呼吸器症候群(重症肺炎)のコロナ・ウイルス(3種類)
 ・SARS-CoV(サーズ) ・MERS-CoV(マーズ) ・SARS-CoV-2(新型コロナ)


BCG説は?
5か月前の予測の時点では「ファクターx」の1つに、「BCG説」がよく言われてました。

筆者(松田)は、全文英語のBCGデータベースの各国情報を、全部見てみました。
(対象は、BCG strain の項目)

BCG接種とコロナ死亡率には、相関性は、見い出せませんでした。
BCGワクチンは、様々な種類がありますが「東京株BCG」でも、見い出せませんでした。

その他「ファクターx」とされるものを、検証しましたが、
アジア以外の項目では、相関性は見出せませんでした。


アジア人 なのか? アジア地域 なのか?
アジアは、「アジア」なのか?「アジア地域」なのか、というのがポイントになります。

米国でも英国でも、「アジア人」の死亡率は、低くはありません。
一方「アジア地域」の死亡率が低いのが、見い出せました。

つまり「アジア人という人種」ではなく「アジア地域という場所」に、相関性を見出しました。

「SARS」等の亜種コロナが、アジア地域で流行しましたが、
「アジア地域の人は、亜種コロナに感染したことが、原因」と予測して、発表しました。


今回 可能性が高まった 根拠 とは ?
「ファクターXの様々な候補」の検証では、いずれも相関性が低いので、候補から消えました。
「アジア地域の人は、亜種コロナに感染」だけが、相関性検証で残ったのです。

しかしそれは「 地理的な 相関関係 」でのアプローチです。
「因果関係」は、検証できていませんでした。

そこで、2020/9/30の ボストン大学・マニッシュサーガル氏らの 研究論文に、注目です。

「亜種コロナに感染した人は、新型コロナでは、重症化しにくい」との
医学的知見による発表がありました。

[1] アジア地域は、亜種コロナが流行
   ↓
[2] アジア地域は、亜種コロナに感染済み
   ↓
[3] 亜種の感染者は、新型コロナは重症化しない(今回、医学知見が、加わった)
   ↓
[4] アジア地域では、死亡率が低い

[3] において、2020年6月の消費者経済総研の予測では、医学的根拠は薄かったのですが、
今回の9/30の論文で、医学的な知見の裏付けが、出たのです。


約20万本 コロナ論文の 全論文・全文解析 とは ?
新型コロナに関する研究論文は、世界全体で、約20万本もあります。
NHKは、AI(人工知能全)に、約20万本の全部の研究論文の全ての文字情報を、解析させました。

その解析においても、やはり「ファクターxは、交差免疫」が有力だとうかがい知れます。※2

※出典1:September 30, 2020 Manish Sagar,etc.
Recent endemic coronavirus infection is associated with less severe COVID-19

*原文
Importantly, the patients with a previously detected eCoV had less severe coronavirus disease-2019 (COVID-19) illness.

Our observations suggest that pre-existing immune responses against endemic human coronaviruses can mitigate disease manifestations from SARS-CoV-2 infection

*和訳
重要なことに、以前に亜種コロナウイルスが検出された患者は、
新型コロナ(COVID-19)の重症度は低くかった。

私たちの観察は、亜種ヒトコロナウイルスに対する既存の免疫応答が
SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染による疾患の症状を
軽減できることを示唆している。

※2出典:2020年11月8日放送 NHKスペシャル
「新型コロナ 全論文解読~AIで迫る いま知りたいこと~」

詳細ページは?
消費者経済総研が、以前の予測発表した詳細ページに、様々な根拠データを掲載しています。

下記を、ご覧下さい。

日本のコロナ致死率が低い理由|ファクターx|亜種に感染し免疫獲得済|2020/6/14・7/12


シリーズ|予測は当たったか?
消費者経済総研は、平成時代の終盤に「令和時代の長期トレンド予測」を発表しました。
また、令和元年(2019年)の年末~翌年年始には、下記を予測し発表しました。

 ・令和2年(2020年)のトレンド・キーワードの予測
 ・令和2年(2020年)の年末の株価と経済の予測

上記は、「長期トレンド予測」と、「毎年の年間予測」等です。
その他、年の途中でも、経済に多大な影響を与えたコロナ関連の予測も、発表してきました。

予測は、あくまで予測であり、当たることも、外れることもあります。
そこで、消費者経済総研の予測が、どの程度、的中したかを、振り返ってみました。

もちろん、外れた点もありますが「結構、当たりました」と言えるかと考えています。
皆様にご覧いただき「当たった」「そうでもない」など感想を持って頂けたらと思います。

そこで、2020年も終盤に向かう中で、
「年間予測」や「スポットの予測」を、それぞれを、振り返って、検証していきます。

今後、本件を、順次リリースしていきます。
本件の個別の取材・出演を、ご要望の際は、個別対応を、致しますのでお尋ね下さい。

(発表日よりも前の時点での、対応も可能です)


【筆者プロフィール】
松田優幸が登壇のセミナーの様子
【松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴】

*1986年
私立 武蔵高校 卒業

*1987年
慶応大学 経済学部 入学

経済学部で、
・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻
 経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究

*1991年
慶応大学 卒業  東急不動産(株) 入社

*1997年
親会社の東急電鉄(株)へ逆出向
消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当

*2000年
東急不動産 復職
各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。

*2005年
東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう
株式会社 リテール エステートへ移籍し14年間、

全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

*現 在
消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)

*資 格
 ・ファイナンシャル・プランナー
 ・宅地建物取引士資格者
 ・不動産コンサルティング技能登録者(新制度更新前まで)
 ・簿記3級


【消費者経済総研について】

■研究所概要
名称  : 消費者経済総研
所在地 : 東京都新宿区新宿6-29-20
事業内容: 消費・商業・経済の、調査・分析・予測のシンクタンク
ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ引用掲載する場合は、
  ①出典明記 ②部分引用に限る ③当総研サイトページにリンクを貼る。 
  以上の①②③を同時に満たす場合は、連絡なく、一部転載・引用ができます。

*テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: toiawase★s-souken.jp(★をアットマークに変えて下さい)

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら