新型コロナ対策で 非・移動革命 の促進 | 消費者経済総研 |2020年3月15日

コロナウイルスの流行により、衛生・健康のリスクが広がりました。
また、消費・経済への影響やリスクも、高まっています。

コロナショックで、どう変化するのか? どう対応・対策すべきか?

非・移動革命、在宅テレワーク、巣ごもり消費、遠隔、副業、アキ活等の
キーワードを含め「消費者経済総研」の過去のリリースから、紐解きます。

はじめに

新型コロナウイルスに、罹患された患者さま、
被害に遭われた皆さま、影響を受けられた皆さま、
またその関係者の皆さまに、心より、お見舞い申し上げます。


また、流行の早期の収束を祈るのと同時に、皆様方と一緒に、
感染症の予防として、マスクの着用に、努めたく存じます。

そして、 手洗いや、咳エチケット等の実施に、努めたく思います。
皆さま方もご一緒に、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
新型肺炎対策で「非・移動革命」の一層の促進を

マスク着用、手洗い励行、咳エチケットを、みなさんで

「非・移動革命」 とは ?
「消費者経済総研」は、「令和時代の長期予測」と「令和2年の年間予測」を発表しました。

前者は、平成31年4月25日に「令和は 移動革命 の時代」と記者発表しました。

後者は、その後、「令和2年 年間予測」を、令和元年の12月25日に
非・移動革命」「アキ活 元年」「在宅」等を、トレンド・キーワードとして、発表しました。

この2つの発表は、いずれも、新型コロナウイルス(以下「コロナ」)流行発生の前です。
消費者経済総研は、コロナ発生前から「移動しない 非・移動革命」を、予測していました

この度のコロナ拡大で「非・移動革命」は、より一層、進展しますし、一層、促進すべきです。

 「非・移動革命」によって、世の中は、どう変わるのか?
 「非・移動革命」を通じて、生活者は、どのような知恵を使うべきなのか?

 「非・移動革命」で、ビジネスは、どう変化していくのか?
  そして、「どうすべきか?」のヒントとしても。

これらについて、あらためて、2つの令和予測の発表内容を、ご紹介します。
もちろん、皆様方への感染拡大を防ぎ、健康を守るという大切な視点も含んでおります。

コロナの脅威で、健康リスクに加え、生計・経済リスクも
新型コロナウイルス(以下「コロナ」)の脅威が、世界中に広がっています。
日本の株価も、世界の株価も急落しました。既に、コロナ関連倒産も、始まっています。

日本国内でも、感染者数や死亡者数も増加し、健康・生命のリスクが、高まりました。
健康面以外に、生活者の収入不安、事業者の経営不安、経済全体への懸念が、広がります。

今までも「 ピンチを、チャンスに 」してきたニッポン
かつては、日本では、様々な危機がありました。

太平洋戦争では、空襲により、日本国土は、焦土となりました。
その後、道路や鉄道などのインフラの建設が進み、高度経済成長を迎えます。

「オイル・ショック」の危機も、ありました。しかし日本は「ピンチを、チャンス」に変えました。
オイル・ショック後には、省エネルギーの技術進展が、日本で、見られたのです。

東日本大震災の後では、日本人の価値観にも、変化が現れました。
人とのツナガリを、大切に思うようになりました。
ぞして、人へのやさしさ、社会への貢献意識、環境安全への、意識が高まりました。

「ツナガリ」のキーワードからは、「LINE」の普及 も、ありました。

  ※非常時の連絡確認の重要性から「LINE 既読」の機能が生まれた、と言われています。

さて、今回のコロナ・ショックでは、健康・生命へのリスクに加え、
徐々に、経済リスクへの警戒も、高まっています。

"世界の工場"中国が震源でしたが、5大陸に飛び火し、世界経済へ大きなダメージを与えます。

消費者経済総研は、令和2年の年始(2020/1/5)に日本GDP実質成長率を0.6%と予測しました。
コロナの影響で、大きなマイナス成長に転じると、予想されます。

4月から、新・社会人生活を迎える、大学4年生の内定取り消しも、起こっています。
令和の恐慌が訪れる」「リーマンショック以上の危機」と言う、国会議員もいます。

さて、ここでは、経済・生活面での「ピンチを、チャンスへ」をテーマとして、
「日本の変化」を、掲載していきます。

コロナ・ショックで、日本の景気は、悪くなります。既に各方面で、売り上げが激減しています。

なお、中国では、コロナの影響で、「在宅でのゲーム」が、ブレイクしているようです。
筆者も、在宅室内でのゲーム型の運動ツールの「リング・フィット」を、始めました。

日本発の様々な「在宅・遠隔・非移動の 商品・サービス」が発展し、経済へプラス効果へ!
という、景気にポジティブな視点での、提案も含まれています。

こういった時期だからこそ、明るく前向きな話としての内容も含んでいます。(2020年3月15日)

消費者経済総研が、既にリリース済みの記事
消費者経済総研は「令和時代の 長期予測」「令和2年の 年間予測」を過去に、発表済みです。
そこで述べたトレンド現象は、このたびの「コロナ・ショック」で、一層加速されます。

2020年は、非・移動革命を支える「遠隔革命」の「5G」のサービスが、本格開始されます。

また2020年は、「テレワーク・デイ 国民運動」があります。
働き方改革の「国民運動」を、政府等が、企業と共に、展開します。

国民運動で、在宅等の遠隔で働き「出勤しない・移動しない」大きなきっかけに、なるのです。
つまりコロナと関係なく、もともと令和2年は「非・移動革命」「遠隔革命」の年だったのです。

「非・移動革命」「遠隔革命」等に関する様々なサービスが誕生し、また誕生していく予定です。
これが、コロナ・ショックにより、一層促進されます。(防疫の見地からも加速すべきでしょう)

それらの新商品・新サービス、さらに、新しい働き方・生活の仕方などは、
企業の生産性向上へ、つながります。

また、それらの、商品・サービス、及び、関連の商品・サービス の市場が、拡大していきます。
日本から国外へ、輸出展開できる可能性も、十分あります。

平成31年4月25日 記者発表会 開催済み 

令和の消費と平成の消費を科学する「消費者経済総研」は、平成31年4月25日
【令和トレンド予想】【ベスト・ランキング】を発表しました。



総合1位とは?

【 総合1位 】は【 移動革命 】であります。
「移動革命」は、超・移動革命」+「非・移動革命です。

「超・移動革命」とは?

マイカーが無くなる? 空中で移動? 磁力で超移動?
これは、SFの話ではありません。令和時代に実際に実現されます

「非・移動革命」とは?

自宅へ戻らなくなる? 塾へ行かなくなる? オフィスへ行かなくなる?
現場業務へ行かなくなる? 試合会場・コンサート会場へ行かなくなる?  

この「移動しなくなる革命」が、令和時代に大きく進んでいきます。

既報の 2つの リリースの 詳細は ?

2019年4月25日発表 「令和時代の長期予測」

 令和は「移動革命」の時代」
 移動革命とは、「非・移動革命」+「超・移動革命」

  詳細ページは、こちら


2019年12月25日発表 「令和2年 年間予測」

 令和2年の ヒット・トレンド の キーワード の ベスト5 を、発表

 ベスト5 とは ?
  「アキ活 元年」「非・移動革命」「在宅」「副業」「バーチャル vs リアル」
 の以上、5件です。

  詳細ページは、こちら


おわりに

あらためて、新型コロナウイルスに、罹患された患者さま、被害に遭われた皆さま、
影響を受けられた皆さま、またその関係者の皆さまに、心より、お見舞い申し上げます。


生放送に生出演の実績 番組名「ベスト3総研」 ~令和時代 トレンド予測~
令和初日の令和元年5月1日の朝に、生放送の番組 「TOKYO FM ベスト3総研」に
松田優幸が 生出演

テーマ:令和時代予測(①令和で生活はどう変わるか? ②令和はどういう時代になるか?)

生出演後、TOKYO FM「ONE MORNING
のパーソナリティのお二人と、撮影


中:松田優幸

左:鈴村健一さん
(経歴:声優アワード各賞受賞、声優では機動戦士ガンダム・
 キャプテン翼・おそ松さん他多数出演。歌手活動も)

右:ハードキャッスル エリザベスさん
(経歴:ミス成城2011、山梨放送(YBS)でアナウンサー、
 今夜くらべてみました・踊る!さんま御殿!!・ZIP!等出演)
生出演後、
TOKYO FMの 「ONE MORNING
のパーソナリティのお二人と、撮影

中:松田優幸

左:鈴村健一さん
(経歴:声優アワード各賞受賞、声優では機動戦士ガンダム・キャプテン翼・おそ松さん他多数出演。歌手活動も)

右:ハードキャッスル エリザベスさん
(経歴:ミス成城2011、山梨放送(YBS)でアナウンサー、今夜くらべてみました・踊る!さんま御殿!!・ZIP!等出演)

生放送に生出演の実績 番組名「キーナンバー」
令和の予測」関連で、その他番組への追加出演として、決まりました。
令和元年 5月1日 生放送の番組「キーナンバー」に 松田優幸が 生出演 (令和の数字)

テーマ:令和時代の数字(超高層ビルの誕生)
その他、令和元年5月には、新聞記事、書籍(寄稿等)など様々な依頼を既に受けています。
取材依頼は、このページの最下段、または、上記メニューバー「取材依頼・問合せ」まで

寄稿の実績 『リベラルタイム 7月号』 へ執筆 (2019/6/3発売号)
画像をクリックすると 拡大PDFが開きます

松田優幸の執筆分のテーマは、「令和」の消費のトレンドを読み解き、
令和に起こる「 移動革命 と コト消費 への変化 」です。

7月号特集の「改元で変わる!日本の景気」について、
松田 優幸が、下記↓執筆者と共に、共著で登場しています。

■松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)

■永濱 利廣 (第一生命経済研究所 首席エコノミスト)

■長嶋 修  (不動産コンサルタント)

■吉崎 達彦 (双日総合研究所 チーフエコノミスト)

■真壁 昭夫 (法政大学大学院 教授)他

松田優幸の執筆分のテーマは、「令和」の消費のトレンドを読み解き、令和に起こる「 移動革命 と コト消費 への変化 」です。

7月号特集の「改元で変わる!日本の景気」について、松田 優幸が、下記↓執筆者と共に、共著で登場しています。

■永濱 利廣
 (第一生命経済研究所 首席エコノミスト)
■長嶋 修
  (不動産コンサルタント)
■吉崎 達彦
 (双日総合研究所 チーフエコノミスト)
■真壁 昭夫
 (法政大学大学院 教授)他
記者発表会が掲載された実績 『商業施設新聞』(2019/5/28号)
2019/4/25
記者発表会の内容が
新聞記事へ

「令和ヒットトレンド予測 記者発表会」の様子を、商業施設新聞が取材し掲載


【筆者プロフィール】

松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴
松田優幸が登壇のセミナーの様子
↑満員・立ち見になりました↑
【松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) 経歴】

*1986年
私立 武蔵高校 卒業

*1987年
慶應義塾大学 経済学部 入学
経済学部で、
・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻
 経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究

*1991年
慶應義塾大学 卒業  東急不動産(株) 入社

*1997年
親会社の東急電鉄(株)へ逆出向
消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当

*2000年
東急不動産(株) 復職
各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。

*2005年
東急不動産株式会社から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう
株式会社 リテール エステートへ移籍し14年間、

全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。

*現 在
消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)

*資 格
 ・ファイナンシャル・プランナー
 ・宅地建物取引士資格者
 ・不動産コンサルティング技能登録者(新制度更新前まで)
 ・簿記3級


【消費者経済総研について】

■研究所概要
名称  :消費者経済総研)
所在地 : 東京都新宿区新宿6-29-20

事業内容: 消費と経済の調査・分析・予測のシンクタンク

■会社概要
「消費者経済総研」は、株式会社 リテール エステート内の研究部署です。
従来の「株式会社 リテール エステート リテール事業部 消費者経済研究室」を分離・改称し、設立しました。
*会社名 :株式会社 リテール エステート
*所在地 :東京都新宿区新宿6-29-20
*設立  :2000年
*事業内容:商業・消費・経済のコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】
 消費者経済総研 松田優幸
 TEL:03-3462-7997
 メール: toiawase★s-souken.jp(★をアットマークに変えて下さい)
*メディア関係者様、法人・企業様の限定です。一般の方はご遠慮ください。

ご案内・ご注意事項 
*消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。

*NET上へ引用掲載する場合は、
  ①出典明記 ②部分引用に限る ③当総研サイトページにリンクを貼る。 
  以上の①②③を同時に満たす場合は、連絡なく、一部転載・引用ができます。

*テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。

*本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。
 
取材等のご依頼 ご連絡お待ちしています
メール: toiawase★s-souken.jp(★をアットマークに変えて下さい)

電 話: 03-3462-7997 (離席中が続く場合は、メール活用願います) 
         
チーフ・コンサルタント 松田優幸   経歴のページはこちら